無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

【2018年版】今さら聞けない中国輸入転売で稼ぐQ&A

qa%e3%80%81%ef%bc%9f

【2018年版】今さら聞けない中国輸入転売稼ぐQ&A

この記事では、中国輸入を行う上で気になる「ビジネスの仕組み・具体的なやり方・注意点・なぜ中国輸入転売が稼げるのか?・販売先や仕入れ先・販売する商品・中国輸入で使用するツール」などについて解説をしていきます。

中国輸入をやってみたいけど、本当に自分に出来るのか?と不安を抱えているかもしれません。

実際ににブログやメルマガを通じて、私のもとに届きました連絡の中で多かった質問の内容がこちらです。

  • 中国輸入転売ってどんなビジネス?
  • なぜ中国輸入は稼げるの?
  • 中国輸入で注意するべきポイントとは?
  • 中国輸入での具体的な稼ぎ方とは?
  • 中国輸入で販売する場所とは?
  • 中国輸入で仕入れる場所とは?
  • 中国輸入でどんな商品を仕入れるべきなのか?
  • 中国輸入で使えるツールは?

このような疑問や質問は、初心者としては非常に気になるポイントなので、しっかりと掘り下げて見ていきましょう。

目次

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

中国輸入転売ってどんなビジネスなの?

9849849848984516

まず大前提として、そもそも「中国輸入転売ビジネスってなに?」と、疑問に感じるかもしれません。

中国輸入転売とは文字通りで、中国から商品を日本へ輸入して販売するビジネスの事です。

イメージとしては東急ハンズやダイソーなど、大手企業も行っている手法を個人でやって稼ぐビジネスモデルの事です。

ただ、海外から商品を輸入や大手と聞くと「私には無理な気がする…」なんて不安がよぎるかもしれませんが全く問題ありません。

それはこれから解説していきますが、中国輸入転売はビジネス初心者でも稼ぎやすいビジネスだからです。

なぜ中国輸入は稼げるのか?

596148498484165

ではなぜ、初心者であっても中国輸入転売は稼ぎやすいと言えるのか?

まず、世の中には多くのビジネスが存在します。

  • 飲食店
  • アパレル
  • 美容室
  • コンビニ

そして、このように普段利用する店舗とは違い、中国輸入はパソコン1台とインターネット環境さえあれば稼げてしまえるのです。

つまり、まずは圧倒的にコストが必要がありません。

ここは非常に重要なポイントであり、多くの方が脱サラして独立するのに何年も貯金をしている理由でもあります。

例えばコンビニのフランチャイズの加盟料だけを見ても、

  • ミニストップ    = 255万円
  • ローソン      = 307万円
  • ファミリーマート  = 307万円
  • セブンイレブン   = 307万円
  • スリーエフ     = 310万円
  • サークルKサンクス = 300万円

と、最低でも255万円以上はかかるわけです。

勿論これは加盟料だけですのでその後の費用を諸々合わせると、最低でも700~1000万円は必要になってくるわけです。

この資金を普通の人が用意する時点でまず挫折してしまうはずです。

でも、中国輸入転売であれば、数万円~数十万円もあればすぐに初めて稼ぐことが出来てしまいます。

つまり最初の入り口が取り組みやすいというのが1つ目のメリットなのです。

(関連記事:職業別年収ランキング!1番自由に稼げる仕事とは)

集客とセールスが必要ない?

もちろん、これだけが初心者が稼ぎやすい理由ではありません。

取り組みやすいだけでいえば、インターネットを使ったアフィリエイト等のビジネスでは、初期費用がほとんどかからないため同じ条件になるためです。

ではなぜ、中国輸入転売が初心者向けのビジネスなのかというと「集客」と「セールス」が必要が無いためです。

例えば上記の飲食店やコンビニなどであれば、まずお客を呼び込む集客を行い商品提供のセールスが必要になります。

これを通常はホットペッパーやぐるなびなど、広告費を使いながらお客を呼び込み売上を上げるわけです。

そしてアフィリエイトもここは例外ではなく、自社のブログやホームページや、または、Facebook、Twitter、YouTube、インスタグラム、といった各種SNSへとアクセスを集める必要があります。

要するに「集客」を最初に行う必要があるのです。

しかし、アフィリエイトを行っているアフィリエイター人口の、約63.3%もの人が1ヶ月に3万円以下しか稼げていません。

さらに、約半数の50.7%もの人は、1ヶ月のアフィリエイト報酬が5000円以下という事実があるのです。

アフィリエイト報酬
(引用:アフィリエイトマーケティング協会)

ただ、半分以上の人が稼げているなら凄い!と思うかもしれませんが、全体の7割以上の72.8%は10万円も稼げていないのです。

私も過去にはアフィリエイトでサッパリ稼げない時期がありましたが、これはまさに集客とセールスが上手くいかない事が原因でした。

では、中国輸入転売ではこの集客とセールスがクリアできるのか?この部分が気になると思います。

この部分は後述してきますが、中国輸入転売では商品を中国から仕入れた後に

日本のAmazon、メルカリ、ヤフオクなどで販売を行います。例えば、Amazonでいえば月間利用者数が4800万人と言われています。

つまり日本ではありえないほどに集客が出来ている、ショッピングサイトと言えるのです。

また同じようにメルカリやヤフオクも利用者数が、圧倒的に多いフリマアプリとオークションサイトになります。

少し考えてみてほしいのですが、東京の人がウジャウジャいる109前で商品を販売するのと、山奥の誰も来ない場所で販売するのとどっちが売れますか?

これは断然、109前での販売ですよね。

そしてAmazon、メルカリ、ヤフオクで販売するのは、日本全国からアクセスできてしまうため、109前で販売する以上に売れる可能性があるわけです。

つまりあなたがしなくても、集客を既にその販売サイトが行っているというわけです。

その人が既にいる場所で販売をするだけなので、集客自体が必要が無いということなんですね。

そして、商品もあなたが声を荒げたり、詳細な説明文を作成する必要もなく

売れている商品を出品すれば利用者が勝手に購入していくわけです。

このように既にアクセスが集まっているショッピングサイトを利用すれば、集客もセールスも必要が無くなるため

初心者がつまづくポイントをクリアした状態でビジネスをスタートできるのです。

(関連記事:初心者が最短で稼ぐには集客とセールスはやってはダメ?)

中国輸入は副業で取り組みやすい理由とは?

そして、中国輸入は副業でも取り組みやすいため、ビジネス初心者が独立なんてせずに

今の給料をもらいながら毎月副収入を得ることが出来るのです。

副収入が発生していないのに、本業の給料を捨てるのは流石に恐怖ですよね。

しかし、中国輸入転売は副業から取り組むことができるため、本業の給料をもらいながら副収入を作ることができるのです。

また、それ以外にも中国輸入転売には、初心者向けな理由が12個ほどあります。

  • 仕入れ価格が安い
  • 人件費が安く抑えれる
  • 利益率が高い
  • 小資金で仕入れができる
  • 円高に強い
  • オリジナル商品を作成しやすい
  • 独占販売が出来る
  • 半自動化で稼げる
  • リピート商品が出来る
  • 再現性が高い
  • 取り扱い商品数が圧倒的に多い
  • 日本語のみで大丈夫

ザーッと上げてみましたが、それだけでもこれぐらい出てくるものです。

特に重要なのは仕入れ価格が安く小資金でスタートできることです。

また、利益率が他の物販ビジネスに比べると、10%以上も高いことがありそれだけ手元に残るお金が多くなります。

たったの10%と感じるかもしれませんが、年間の売上が1000万円も超えてきたら10%の100万円も利益が手元に残るわけです。あくまでも売上ではなく自由に使える利益です。

100万円少ないのと、多いのではどっちがいいですか?もうこれも当たり前で多い方ですよね。

それに日本語のみで問題が無いというのは非常にメリットが大きいです。

やはり海外から商品を仕入れると考えた場合「中国語や英語が得意ではない…。」もしくは「中国語や英語なんてしゃべれない…。」と、言語の壁でぶつかることがあると思います。

私も過去にアメリカのAmazonから商品を仕入れる、欧米輸入やイーベイ(eBay)という海外のヤフーオークション版から、

商品を輸入して販売を行おうとした際に英語という壁がどうしても取っ払えなかったことがありました。

それでも、なぜ中国輸入転売を実践したのかというと、単純に日本語しか使わなくていいからです。

未だに中国語の読み書きもさっぱりわかりませんし、中国語でしゃべられても何を言ってるのかわかりません。

本当にそれぐらいの中国語スキルでも問題ないのです。

(関連記事:中国輸入せどりは儲からない?稼げる12のポイント)

中国輸入で注意するべきポイントとは?

注意、危険、

中国輸入で稼ぎ方を学ぶ前に重要なのが、どのような点に注意をするべきかを知ることです。

よくあるトラブルについてご紹介していきますが、基本的な対処法を学べば後は同じように応用させるだけで問題ありません。

まずはトラブルから見ていきましょう。

中国輸入転売で起こりやすいトラブルとは?

中国輸入で起こりやすいトラブルとしては、主なのが下記の5つです。

  • 写真とは違う商品が届いた
  • いつまでたっても商品が届かない
  • 届いた商品が不良品や商品の箱がつぶれていた
  • タオバオでの購入方法がわからない
  • 関税で商品が引っかかった

基本的にトラブルで多いのは、購入した商品が違うや届かないなどがメインになります。

確かに日本のヨドバシカメラなどで購入をした場合ならば、そのお店にまた持っていけば対応してもらえますよね。

しかし、中国輸入転売のように海外から輸入した場合は、簡単に返品対応してもらえないこともあります。

そこで重要なのは商品を購入する、中国の代行業者(買い付け依頼をお願いするプロ業者)へと「写真と同じ色で!」と御願いをすれば問題ありません。

また、検品サービスがしっかりとした業者を利用すれば、日本へ商品を送る前に同じ商品か?色は違わないか?などしっかりと調べてくれます。

そのためトラブルが頻繁に続く場合は、利用している代行業者との取引を辞めて違う業者を利用するのがいいです。

中国輸入初心者が注意するべき失敗とは?

初心者が中国輸入転売を実践するうえで、失敗しやすいポイントが下記の6点です。

  • 利益計算の間違え
  • 輸入規制のある商品を仕入れてしまった
  • 偽物を仕入れてしまった
  • ランキングをチェックせずに仕入れた
  • 大量に仕入れてしまった
  • 返品・返金ラッシュをくらった

上記のトラブルはこちらのミスではなく、外的要因(あなたが以外の原因)がメインになります。

しかし、この6つの失敗は、あなたがうっかりミスをした場合に起こるケースがほとんどです。

特に利益計算は非常に重要で「めんどくさいからこれぐらいでいいや…」なんて、適当な計算方法を実践した場合は、後でしっかりと計算を行うとほとんどマイナスだったなんてこともあり危険です。

利益計算についてはこちらの「中国輸入で重要な利益計算方法と計算すべき項目」をご覧ください。

中国輸入で多いクレームと対処法とは?

中国輸入でクレームが届く原因としては、

  • 商品の破損
  • 色や雰囲気が違う
  • 商品自体が違う
  • 商品到着が遅い

主に届いた商品が違うや壊れていたなどが理由です。

これは上記のトラブルと同じでしっかりと検品を行ったりすることが大前提です。

また、初めて仕入れる商品は破損しないかなどをチェックするためにも、テスト的な仕入れを行うことも重要になってきます。

中国ではダンボールをガンガン投げたりするため、そのためガラスや陶器などの割れやすい商品は注意が必要なのです。

そのため必ず最初はテスト仕入れを行い、商品の破損などをチェックするようにしましょう。

価格競争に巻き込まれやすい?

中国輸入は価格競争に巻き込まれやすいのでは?」なんて質問をたまに頂くことがありますが、価格競争はどの物販ビジネスでも起こりますし

参入障壁を作ることで価格競争を止めることもできます。

主な参入障壁の作り方としては、このような手法があります。

  • 画像をオリジナルに変更する
  • オリジナル(OEM)商品
  • セット販売
  • 保証書を付ける
  • 日本語の説明書
  • 仕入れが難しい商品を作成する
  • 商標権を取得する

ここで出てくる手法として大切なのは、OEM(オリジナル・エクイップメント・マニュファクチュアラー)といって、既にあるノーブランド商品にあなたのセラー名などのブランド名を印字して、あなたのブランド商品として提供する方法を行うことです。

こうすることで同じ商品ページにライバルが販売が出来なくなるため、販売する出品者があなただけとなるわけです。

この状況であれば他の価格を下げる人が無いため、自然と価格競争に巻き込まれないということです。

ただし、厳密に言えば市場価格には巻き込まれています。

あくまでもあなたが価格を下げていないだけにしかすぎません。

例えば、Amazonと楽天市場で同じ商品が販売されていたとします。

  • Amazon = 2980円
  • 楽天    = 1980円

しかし、このように価格に差がある場合は、安く仕入れることが出来ると判断した人は楽天から購入を行いますよね。

このように同じ出品ページで販売がされていなくても、Amazonや楽天市場などの市場全体で見ることが重要なのです。

ただし、他よりも高額で販売できる方法はあります。それは付加価値を提供するということです。

通常のテレビと録画機能付きテレビがあれば、録画機能付きテレビの方が少し高めでも売れる可能はあります。

このようになぜその価格なのか?お客に納得してもらえる付加価値を提供することが重要なのです。

いつでも仕入れはすることが出来るのか?中国の休みについて

中国輸入転売では時間は気にすることなく、24時間関係なく作業をすることが可能です。

これは自宅のパソコンからだけで商品を調べて、購入するものをまとめたらあとは代行業者へと商品の購入を依頼するだけだからです。

そのため副業として取り組むのに最適なビジネスだと言えるわけです。

しかし、中国輸入では年間通して、大型連休の時期があります。

このタイミングでは中国の物流がストップしてしまうため、商品を購入すること自体が出来なくなるのです。

中国での休日は下記の7つです。

  • 元日
  • 旧正月
  • 清明節
  • 労働節
  • 端午節
  • 中秋節
  • 国慶節

ただし、ほとんどの休日は3日~長くても1週間程度です。その前に注文を終わらせてしまったりすれば問題ありません。

しかし、1つだけ注意をしたいのが、春節(旧正月)の期間だけには注意をしましょう。

この春節(旧正月)は中国のお正月になるのですが、日本とは違い中国では約3週間ほど商品の購入が出来なくなるのです。

つまり2月はまるまる仕入れが出来ないと考えた方がいいです。

(関連記事:中国輸入で重要な休みの春節や国慶節はいつ?)

中国輸入で重要なキャッシュフローとは?

中国輸入転売では必ずキャッシュフローを意識してください。

キャッシュフローとは「お金(キャッシュ)の流れ(フロー)」のことになります。

つまり、キャッシュフローを良くするとは、不良在庫などをあまり抱えずに、常にお金の流れが良い状態を作ることを言います。(※不良在庫とは長期間売れずに在庫として残っている商品のこと。)

中国輸入転売のような物販ビジネスで上手くいかない人は、仕入れた商品100点に対して販売した商品が20~30点と、売れない商品の数が大量に残っている状況になってしまいます。

当たり前ですが売れなければ売り上げも上がりませんし、次の仕入れの資金を生み出すことすらできません。

こうなると売れない在庫だけが残ってしまい、仕入れもできないといった最悪の状況になってしまいます。

こうならないためにも、

  • 期間内で売れる数を仕入れる
  • テスト仕入れをする
  • 全ての資金を投下するのは控える
  • 現金とカードキャッシュフロー戦略

この4つを意識してキャッシュフローを良くしていきましょう。

詳しいやり方についてはこちらの「中国輸入で稼ぐキャッシュフロー戦略をご覧ください。

中国輸入は商品が届くまでどのくらいかかるの?

中国輸入では中国から商品を仕入れるため、リードタイム(商品を注文してから販売するまでの期間)が、ある程度かかってしまいます。

商品の注文数やお願いしている代行業者によっても、商品が届く期間は変わってくるのですが平均すると10~14日ほどかかります。

これはあなたが購入したい商品のデータを渡して、全ての商品を検品&梱包を行ったうえで

Amazon、メルカリ、ヤフオクで販売できるまでの日数です。

そのため常に10日先を意識して、仕入れなどを行う必要があるわけです。

ただ1日でも早く販売出来ればうれしいですよね。

そこで主な対策としては、

  • 次回の発送にまわす
  • 木曜日に商品を発送をする
  • グレーな商品は注文しない

という、3つの戦略を実践することが有効です。

この3つの戦略をとることで、タイミング次第では1~2日も短縮されることがあります。

詳しいやり方についてはこちらの「中国輸入でリードタイムを短縮する方法」をご覧ください。

中国輸入での具体的な稼ぎ方とは?

5648416840746541568466

中国輸入転売で稼ぐためには、

  1. 商品リサーチ
  2. 商品の仕入れ
  3. 商品の販売

この3ステップを行うだけでいいのです。

ただ、この中でも最も重要なのは、ステップ1の商品リサーチです。

はっきり言って中国輸入転売では、リサーチさえできれば稼げてしまえると断言できるほどに売れている商品をリサーチすることが重要なのです。

既に販売する予定の、Amazon、メルカリ、ヤフオクといったプラットフォームが集客とセールスを最高な状態にして、提供してもらえるわけです。

では、どうやったら売れるのか?これ単純にその媒体で売れている商品を見つけて、同じ商品を販売することです。

ポケモンGOが流行ることで、その関連グッズや類似アプリも人気に火が付きましたしバッテリー関連の商品も売れました。

このようにトレンドを掴むことも重要ですし、常に売れている商品を見つけて販売することも重要です。

売れない商品の値下げを行ったり、様々なテクニックを使い倒して売上をアップさせるよりも

よほど売れる商品を見つける方が、売れるのは確実ですし長期的に稼ぐことが出来ます。

中国輸入の95%は商品リサーチが重要です。これは大切なの事なので必ず覚えておいてください。

リサーチってどうすればいいの?

リサーチが重要なのは分かったけど、具体的にどのように商品リサーチをすればいいのか?

ここで多くの方はつまづいてしまうはずです。

中国輸入転売には、

  • Amazonリサーチ
  • ヤフオクリサーチ
  • メルカリリサーチ
  • 楽天リサーチ

など、様々なリサーチ方法があります。

まずは出品するAmazonやメルカリと1つに絞って、そのショッピングサイトで売れている商品を見ていきます。

その後、需要がある商品を見つけた後に、中国で商品を仕入れが出来るサイトをチェックする流れが効率的です。

また初心者向けリサーチ方法では、画像検索リサーチが効果的です。

画像を使った商品検索方法に関しましては「中国輸入で稼ぐ画像検索リサーチ3つのステップとは?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

中国輸入で仕入れる場所とは?

では、注文したい商品がなんとなくわかってきたら、次に中国のどのサイトを見ればいいのかを見ていきましょう。

商品を仕入れる中国のサイトは、

  • タオバオ
  • アリババ
  • アリエクスプレス

主にこの3つ有名なショッピングサイトになります。

この上記のサイトはどれも、上場して世界時価総額ランキングで最高4位になった、アリババグループのショッピングサイトです。

そのため騙されるのではないか?などの不安は必要ありません。

ちなみに今は少し下がったとはいえ、世界時価総額ランキングで現在も24位とあの世界のコカ・コーラよりも上にいる企業です。

世界時価総額ランキング

(関連記事:アリババとタオバオの違いと注意点と戦略)

中国で仕入れをお願いする代行業者の選び方とは?

商品リサーチが終わり注文するべき商品が決まったら、次は中国で商品の購入を代行依頼する業者を探します。

代行業者の探し方としては、グーグルやヤフーの検索窓に「中国輸入 代行業者」と、このように検索していただくと、中国で商品を購入して検品&梱包をして日本へ商品を送ってくれる、代行業者が多く見つかります。

まずはいくつかサイトを見てみて、価格など気になるサイトがあれば問い合わせをしてみましょう。

あとは購入したい商品を依頼すればこれだけで完了です。

とはいえ、他に意識するべきポイントが気になりますよね。

代行業者を選ぶポイントとして、最初は個人よりも法人や組織で行っている代行業者を利用しましょう。

中国ではトレードチャイナなどの掲示板を使い、中国に住んでいる中国人の方とやり取りを行い商品代行の契約を行うケースもあります。

ただ、個人でやっている人は副業でやっている場合もあり、すぐに対応してもらえないこともあります。

また、1人でやっているとどうしても、商品を大量に注文すると日本へ送ってもらうまでの期間が遅くなってしまいます。

もちろん全員が全員悪いわけではありませんし、個人の方で非常に対応が良かった方も多くいます。

ただ、個人的な意見としては、個人で対応をしている方にお願いした場合途中で音信不通になり仕事が放置されたままになったこともあります。

そのため確実性を維持するためにも、最初は法人として行っている場合や組織で運営されている代行業者を選択しましょう。

(関連記事:中国輸入の代行業者でおすすめは?サービス会社一覧を比較)

価格と別に意識するべき3つのポイントとは?

代行業者を選ぶ際に1番意識してしてしまうのは、価格がどのくらいかかるのか?だと思います。

ほとんどの代行業者では、注文した商品の5~10%ほどを手数料として取られるパターンです。

もちろん10%よりは5%の手数料の方がいいですが、価格だけを意識してしまうと失敗するケースも多くなります。

金額以外にも意識したいのは、

  • 発送までの速さ
  • 品質
  • 返答の速さ

という、3つのポイントです。

やはり商品の発送が遅い場合は、それだけ入金される日数が遅くなるということです。

代行業者によっては10日で届けてくれる人もいれば、1ヶ月経っても届かないなんてこともあります。

この場合、手数料が10%だとしても、発送が早い業者を選択すると長期的にメリットを生み出してくれます。

また商品が届いたときに破損していたり、梱包が綺麗だったりなども大切なポイントですし注文して数時間以内に返事が届くなど、対応の早さもトータルの売上で見ると大切なポイントになってきます。

詳しい内容についてはこちらの、「中国輸入代行業者を選ぶ際ポイントとは」をご覧ください。

中国輸入で支払いはどうすればいいの?

代行業者も気になる業者が居た場合、あとは注文依頼をして商品を販売するだけになってきます。

ただし、ここで意識しておきたいのは、どうやって海外の人へと支払いをすればいいのか?です。

主な決済方法としては、

  • 海外送金
  • 日本の口座への振り込み
  • PayPal(ペイパル)
  • SPIKE(スパイク)

という、4つの手段があります。

海外送金はあまり経験が無いかもしれませんが、クレジットカードでの支払いだったり、銀行振り込みになるため難しいことはありません。

また、海外送金を行う場合は、SBIレミットという海外送金専門業者があるのでそこを通して送金を行うことで、万が一トラブルに巻き込まれたとしても安心です。

ただ、中国の代行業者にも日本口座を持っていることが多いため、大手の都市銀行やゆうちょ銀行などを同じ口座があれば振込手数料が無料になるため、無駄なコストを一切かけずに決済をすることが出来ます。

中国輸入転売での支払い方法に関してはこちらの「中国輸入の支払い方法とは?」をご覧ください。

中国輸入で販売する場所とは?

8964684646514854354685

中国輸入転売稼ぐうえで重要な、最後のステップの販売先についてですが中国輸入商品を販売するにしても、下記のように多くの販売先があります。

  • Amazon
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • 楽天
  • バイマ
  • Qoo10
  • Yahoo!ショッピング
  • ラクマ
  • フリル

このサイトは出来る限り、沢山使ったほうが商品が売れやすい傾向にあります。

ただし、初心者がいきなり全部のショッピングサイトで、商品を出品するのは労力ばかりかかって効率が悪すぎます。

そこで最初は1つに絞って販売をするべきです。

ではどこで販売をするべきなのかというと、出来るだけAmazonを使って販売していきましょう。

既にメルカリやヤフオクで結果が出ているのであれば、そのまま実践しても問題ありませんが

売上をアップさせたり作業効率を上げるならば、まずはAmazonを使って販売するのがいいです。

なぜAmazonから販売を行うべきなのか?

これは少し前にも解説しましたが、Amazonには月間で4800万人もの利用者がいます。

4800、4800

物販で稼ぐうえで重要なのは、人がいる場所で商品を販売することです。

つまりこれだけ月間に利用している人がいるサイトで、商品を販売すれば初心者でも関係なく販売できるということです。

商品の梱包に必要なアイテムとは?

Amazonで販売を行うためには、中国から商品を日本へ送ってもらった後、その商品を受取梱包を行いAmazonの倉庫へと納品をします。(※注意、AmazonのFBA発送を利用する場合の手順です。)

この時に気になるポイントとしては、受取を行った後の商品の梱包方法です。

中国の代行業者が梱包までしてくれる場合は、特に届いた商品の状態を軽くチェックするぐらいで

あとは、指定されたAmazonの倉庫へ事に、送る商品をダンボールに入れて配送の手続きを行えば完了です。

もし、中国の代行業者が何も梱包をしてない場合や、梱包状態があまりきれいではない場合などはopp袋などを購入をして、袋自体を入れ替えることが必要になってきます。

opp袋はタオバオやアリババで「opp」と検索をすると簡単に見つかりますし日本の製品と対して変わらないのに、コストがめちゃくちゃ安いので商品を送ってもらう際に一緒に購入をしましょう。

また、opp袋以外に必要な梱包道具としては、

  • ラベルシール
  • ガムテープ
  • メジャー
  • 測り(重さを計るもの)
  • ダンボール
  • セロハンテープ
  • エアークッション(プチプチ)

と、この辺りの道具があれば問題ありません。

opp袋と同じようにタオバオで購入できるものもありますし、あとは日本のダイソーなど100円均一ショップで購入できるものばかりです。

ただ、エアークッション(プチプチ)は、専門業者から購入したほうが安い傾向にあります。

また、ダンボールは最初は近くのドラッグストアなどへ行き「ダンボールいただけませんか?」と聞くと簡単にもらえたりします。

ただ、毎回行くのも大変ですので、最初の数回程度にしておいてあとはダンボール専門店から購入したほうが楽です。

中国からAmazonへと直送が出来る?

上記では「中国 ⇒ 日本(あなた) ⇒ Amazon」と、このような手順の納品方法を解説しました。

最初はこの手順で代行業者の検品や梱包制度をチェックすることが重要ですが、ある程度慣れてきたら違う手順で納品をすることをお勧めします。

それは「中国 ⇒ Amazon」へと2ステップでの納品方法です。

これは直送というやり方なのですが基本的には中国の代行業者では直送まで対応していることがほとんどです。

今利用している代行業者が居るならば、Amazonへと直送が出来るのかを聞くと教えてくれます。

対応している場合は別途費用が掛かるため、そのコストを細かく聞くことが重要です。

また、対応していない代行業者であれば、別の代行業者の利用検討も視野に入れた方がいいかもしれません。

(関連記事:中国輸入でAmazonへ直送する注意点とは?

中国輸入でどんな商品を仕入れるべきなのか?

?、はてな、04

では、次もよくいただく質問の「一体どんな商品を仕入れるべきなのか?」この部分について掘り下げてみていきましょう。

中国輸入では扱っても大丈夫な商品とダメな商品があります。

まず絶対に仕入れてはいけない商品を知ることで、Amazonのアカウントが止まるなどのリスクが限りなく無くなります。

そのため最初は販売していけない商品を見ていきましょう。

具体的な仕入れ禁止商品はこちらです、

  • 麻薬、ドラッグなど
  • 拳銃、刀など
  • 爆発物、花火など
  • 毒物、化学兵器など
  • ウィルス、病原体など
  • 偽札、有価証券の偽造品
  • 児童ポルノ関連
  • 特許、著作権に反するもの
  • ブランド等のコピー商品

まず、この部分に触れる商品は、仕入れ自体も出来なもの多いうえに、販売が禁止されているため扱うのをやめましょう。

麻薬やドラッグなどは、仕入れることが間違ってもないと思いますが銃刀法違反に触れる拳銃、刀などは注意が必要です。

例えばヌンチャクなどはこの部分に触れてしまうため、仕入れると引っかかることがあります。

また、著作権や偽物&コピー商品は多いです。

週刊少年ジャンプで連載中の人気アニメワンピースがありますが、タオバオやアリババで「one piece」や、「海賊王」と検索をすると、クオリティの高いフィギュアが出てきます。

002

しかし、この手の商品は全て偽物なので、安いからと言って仕入れて販売をするとアウトです。

よくこの手の注意を促すと、「どうやって偽物かどうかを判断したらいいの?」なんて質問を頂くことがありますが

重要なのは偽物かどうかを判断することではなく、本物だと証明できる商品かどうかということです。

逆に本物だと言い切れなければ、偽物じゃないの?と言われた時に何も言い返す手段がありません。

すなわちそれは偽物だと言ってるようなものです。

例えば、ブランド商品でも同じですが、保証書やちゃんと証明書があれば本物だと安心できますよね。

でもいくら本物だと言われても、その手の信用できる証明書が無ければ信用できないのと同じです。

むしろ強く「本物だ!」と言われれば言われるほど、逆に胡散臭くなりますよね。

そのため偽物だと判断する方法に無駄な労力を使うのではなく、本物だと言い切れる商品を仕入れることが重要なのです。

(関連記事:中国輸入でフィギュア商品は仕入れてもいいのか?)

「〇〇風」って仕入れてもいいの?

Amazonでコスプレ関連の商品を見ていると、下記の商品のようなタイトルに〇〇風と記載された商品が見つかります。

カオナシ風

この商品の場合はタイトルが、「千と千尋の神隠し カオナシ 風」となっています。

ただ、普通にどう見ても、ジブリの千と千尋の神隠しのカオナシそのままですよね。

まず結論からいいますと「〇〇風」は仕入れないほうがいいです。

これは公式に販売されている商品であれば、〇〇風と偽物のような類似商品のような言葉はつけませんよね。

つまり、ジブリが公式に販売を許可していない商品というのがわかります。

ということは…?そうです偽物&コピー商品というわけですね。

特に日本はアニメ関連の著作権は非常に厳しいです。

もしジブリから著作権違反の連絡がAmazonに来たら、販売停止や何度も繰り返している場合はアカウント停止にもつながります。

えー!?厳しいですね…。と言われる方もいるかもしれませんが

普通に考えると著作権違反という法律違反を行っているため、それぐらいで済むなら可愛いです。

また上記のジブリの千と千尋の神隠しカオナシ風以外にも、〇〇風はどのような商品があるのか?

  • アナと雪の女王風
  • リトル・マーメイド アリエル風
  • ディズニーシンデレラ風
  • 白雪姫風
  • スーパーマリオ風
  • 進撃の巨人風
  • ワンピース風
  • 美少女戦士セーラームーン風
  • トトロ風
  • 千と千尋の神隠し荻野千尋風
  • 千と千尋の神隠しハク風
  • 魔女の宅急便キキ風
  • 風の谷のナウシカ風
  • セカオワ風
  • ラブライブ!風
  • ダンガンロンパ黒白熊風
  • 刀剣乱舞風
  • ハイキュー風
  • ドラゴンボール孫悟空風

と、見ただけでもこれだけ出てきました。

これ5~10分ほどしか見ていませんが、こんなに多く見つかるのです。

ちなみに上記の商品は確かに売れますが、全部注意したほうがいいです。

(関連記事:ディズニーやマリオのコスプレ衣装は中国輸入で販売していいの?)

コンセント商品などは仕入れても大丈夫なの?

タオバオやアリババで商品を見ていくと、電化製品なども多く販売されるのに気が付きます。

でも、日本と中国では電圧が違うため、iPhoneのように海外の電圧にも対応できる商品以外は、どのように販売をすればいいのか気になる所です。

例えば、電圧の変圧器も一緒にセットにして販売をするべきなのか?

色々な予想が出来ますが、最も重要なのはコンセント付きの商品は仕入れないということです。

でも、変圧器をつければいいんじゃないの?と思われるかもしれません。

もちろん電圧の違いは変圧器により対策出来ますが、それだけではなく「PSEマーク」の問題が出てくるのです。

家電製品などコンセント付きの商品を輸入で仕入れる場合は電気用品安全法により、「PSEマーク」を取得しなければ販売することが出来ない法律が決まっています。

要するにPSEマークを取得していなければ、販売することが出来ないという状態です。

また、PSEマークを取得するのも、試験費用だけでが30~50万円以上はかかるため、

PSEマークを取得しなければいけない、製品の販売は控えるようにしましょう。

ただ、この場合家電製品は全て仕入れたらダメなのか?と、考えてしまうかもしれませんが

これは下記のような基準で大丈夫です。

  • コンセント付き = 仕入れはダメ
  • コンセント無し = 仕入れてOK

このように、コンセント付きの商品はPSEマークが必要になりますが、コンセント付きではなくUSBで動く製品であれば問題ありません。

(関連記事:中国輸入でコンセント付き商品の仕入れは危険?)

ハサミや釣具商品は危険物に入るのか?

仕入れてはいけない商品の中に、危険物や銃刀法違反に触れる商品はNGだとお伝えしましたがそれなら、ハサミや釣具商品などは、仕入れ自体がダメなのではないか?と気になるかもしれません。

結論から言いますと、ハサミも釣具商品も仕入れ自体は問題ありません。

実際にタオバオやアリババで検索をすると、ハサミも釣具製品も下記のように沢山出てきます。

00011

111

ただし、どちらも中国輸入で取り扱う際に注意点があります。

まずハサミの注意点としては、輸入貿易機構のJRTRO(ジェトロ)のHPにも書かれていますが、通常のハサミは問題ありませんが、電動式や医療用などの特殊なハサミの輸入は禁止されています。

中々仕入れる機会はありませんが、念の為、注意しておくことにこしたことはありません。

そして、次に釣具の注意点ですが、これは商品の種類ではなく梱包方法に気をつけましょう。

例えば、Amazonに商品を納品する場合、釣具の中でもルアーのような先端が尖っている危険な商品の場合は、絶対に中身から針が飛び出さない様に注意する必要があります。

過去に先端の尖っているものを仕入れて、梱包した袋から突き出していた事があったのですがAmazonから反省文を記載して、今後二度とないための対策と改善策の写真まで送るように指導を受けました。

ここの手間暇は結構面倒なので、これでもかと思うほどに梱包をしっかりと行うようにしましょう。

ちなみにこの梱包はハサミも同じで、先端の尖っている商品は同じ危険性があるため注意をしましょう。

(関連記事:中国輸入でハサミは仕入れが出来るのか?)

液体商品って仕入れてもいいのか?

さて、次に気になるのが、液体商品の仕入れについてです。

液体商品って水?ガソリン?と思うかもしれませんが、

  • ライターオイル
  • プリンターのインク
  • 化粧品
  • 乳液

と、液体商品は意外と多いのです。

また、下記の画像商品はスマホ用の三脚なのですが、赤枠のようにバランスが保たれているかを見る液体が入っています。

01010101

そして、この液体についてですが、航空便では仕入れることは出来ませんが船便であれば、中国から輸入することは可能です。

ただ、船便は航空便よりも商品が届く期間(リードタイム)が、1週間ほど遅くなる傾向にあるため注意が必要です。

個人的には最初は液体関連の商品は、扱わないほうがいいと考えています。

また、化粧品などは薬事法に触れてしまうため、輸入する際には専用の書類を作成しなければいけません。

知り合いがこの手の書類作りで、1ヶ月潰れたと嘆いていましたので仕入れるのを辞めるのが無難ですね。

中国輸入でモバイルバッテリーは販売できるの?

スマホアプリのポケモンGOが流行ってから、充電の減りが早いためモバイルバッテリーがの需要がさらに伸びました。

この時に問い合わせで多かったのが「モバイルバッテリーを中国から輸入出来ますか?」です。

結論から言いますと上記の液体と同じで、船便で輸入をすることで仕入れることは出来ます。

ただし、販売の際にPSEマークが必要になる場合は、取得してからでなければ販売が出来ません。

実際に仕入れたけど販売できなかったという、問い合わせも多いですがこの場合はPSEマークを取得するしかないため、しっかりと確認してから中国から輸入をするようにしましょう。

(関連記事:中国輸入転売でモバイルバッテリーは輸入できるのか?)

アクセサリー商品は販売してもいいの?

ここまで仕入れてはダメな商品も続き、一体何を販売したらいいのかわからなくなっているかもしれません。

ちなみに中国輸入でアクセサリー商品は販売できます。

ただし、中国のタオバオやアリババで販売されている、アクセサリー商品は利益が低いため下記の戦略を意識しましょう。

  • 安く仕入れを行う
  • 発送方法を変える
  • セット商品にする
  • 販売先を変える

ただ、そのまま検索をして利益が取れないと嘆くのではなく、上記のような仕入れの工夫や販売方法の工夫を行うことで利益を生み出すことが出来るわけです。

また、同じ商品を販売しようとしている、中国輸入セラーさんとの差別化も自然と行えるため戦略をうまく活用することで価格競争にもなりにくくなるのです。

それぞれの詳しい戦略については、「アクセサリーで稼ぐ中国輸入4つのポイントを参考にしてください。

ちなみに中国輸入でアクセサリー商品を仕入れるサイトは、下記の4つのサイトを利用すれば問題ありません。

  • タオバオ
  • アリババ
  • アリエクスプレス
  • 天猫(Tmall)

上3つは既に記載していますが、1番したの天猫(Tmall)が新しく登場しましたがこの天猫(Tmall)も含めてアリババグループのショッピングサイトです。

天猫(Tmall)はタオバオを利用していると、自然といつの間にか天猫(Tmall)を見ていることもあるほどなので、特に意識しなくても問題ありません。

子供服やアパレル商品って売れるの?

「子供服にアパレル商品ってどうなんですか?」と、たまに、ザックリした質問を頂くことがあります。

これは子供服って需要があるの?つまり稼げるのかってことを聞かれているのですが子供服仕入れでも問題なく稼げます。

ただし、クレームにつながることもあるため、

  • サイズ
  • 品質
  • ブランド商品

この3つのポイントをしっかりと意識しましょう。

子供は成長が早いため販売する商品のサイズの種類が、70㎝~160㎝と10㎝刻みと子供服は種類が豊富です。

もし、それをサイズごとに10個とか購入すると、10種類×10個=100点と凄い数になります。

もし全サイズ均一に売れればいいですが、1サイズしか売れなかった?もしくは全て売れなかった…?

想像しただけでも恐ろしいですよね。さらにいえば、子供服だけではなく、アパレル商品を扱う際には

季節商品のため在庫を持たない様に仕入れることが重要です。

日本では1年で春夏秋冬と4つの季節が流れていきます。

そして、その中でも春、夏物であればまだいいですが、秋、そして特に冬物商品はその時期しか売れません。

夏でいえば水着も同じ部類に入ります。

もしその季節を過ぎてしまえば、次の季節まで売れないというリスクがあるわけです。

これはハロウィン商品やクリスマス商品も同じです。

例えば、

  • ハロウィンのコスプレグッズ
  • ハロウィンのホームデコレーショングッズ
  • ハロウィンのランタン
  • ハロウィン関連の映画
  • サンタのコスプレ
  • クリスマス関連グッズ
  • クリスマスソング
  • クリスマス関連の映画

など、その時期はガンガン売れていきますが、ハロウィンであれば10月末日や、クリスマスの12月25日を1日で過ぎればサッパリ売れなくなります。

すると残ったハロウィンとクリスマス関連商品は、翌年まで1年間不良在庫として眠るわけです。

もし在庫としてトータル50個ほど残ってしまったら、50個×仕入れ金額が回収されないままというわけです。

このようにならない様に、しっかりとそのシーズン中に販売をしてしまう。

ここを意識するのが重要です。

(関連記事:中国輸入で稼ぐアパレルリサーチと3つの注意点)

ウィッグは仕入れても大丈夫なのか?

コスプレ商品で「〇〇風」は、仕入れないほうがいいと記載しましたがそれならウィッグ商品はどうなのか?と、気になって質問をたまに頂きます。

結論から言いますと、ウィッグ商品の仕入れは問題ありません。

ただし厳密に言うと「〇〇風」と同じで、アニメやキャラクターの名前を、販売商品のタイトルに使用している場合は注意したほうがいいです。

Amazonで検索をしてみると、タイトルにアナと雪の女王のエルサ風などのように

アニメ名やキャラクター名を記載している場合は、商標権に触れてしまう可能性があるためです。

あくまでも念の為ですが、用心していることに越したことありませんからね。また、ウィッグを仕入れる際に注意したいのが、ウィッグばかりを大量にかつ同時に注文しないことです。

過去にやらかしたことがあるのですが、ウィッグばかりダンボールいっぱいに注文したところ「どれがどのウィッグなのかわからない…」と、同じ色が複数ある場合は、全く違いが分からないのです。

中国からAmazonへと直送をする場合はいいのですが、あなた自身が検品&梱包を行う際には間違えない様に気をつけましょう。

(関連記事:中国輸入ウィッグ仕入れで利益アップする3つのポイント)

中国輸入転売で具体的に販売出来る商品とは?

仕入れてはだめな商品はジャンルごとにどのような商品は仕入れても大丈夫なのかをお伝えしましたが、結局のところどんな商品なら仕入れていいのかと具体的な商品を見なければイメージできませんよね。

具体的にはこのような商品になります。

「ボクシングのパンチングミット」

「ヨガマット」

「業務用 大型ステープラー」

「LEDキャンドルライト」

「iphoneケース」

と、上記以外の商品としても、

  • サバゲー(サバイバルゲーム)用グローブ
  • 折りたたみ傘
  • 面白い系Tシャツ
  • ミリタリーポーチ
  • デューティーベルト ( タクティカル ピストルベルト )
  • ペダルロック(自転車用)
  • レザーグローブ
  • 手袋
  • マフラー
  • コート
  • ショルダーバック
  • リュックサック
  • 迷彩柄のタクティカルベスト
  • 防水LEDライト
  • キャップ
  • シューズ
  • 子供用帽子
  • 自転車用サイクリングウェア
  • 自転車用軽量ヘルメット
  • バイク用U字ロック
  • 車のヘコミ直し吸着盤
  • 六角シャンク
  • 糖度計
  • デジタル台はかり
  • スウェット
  • ジャージ
  • パーカー
  • ワンピース
  • ドレス
  • サンタクロースコスプレ衣装
  • スーパーマリオのコスプレ衣装
  • スマートフォン用スマホホルダー
  • スマートフォン用スポーツアームバンド
  • 浮き輪
  • タイヤカバー
  • バイクカバー
  • 自転車カバー
  • シューキーパー
  • 掛け時計
  • 腕時計
  • スマホ保護シール
  • バイク用シガーソケット&USB充電
  • エアーリューター
  • ダミーカメラ
  • センサーライト
  • ラジオ
  • カメラバッグ
  • スピードメーター
  • LANケーブルテスター

と、まだまだ書ききれないほどに多くの商品があるのです。

基本的にはブランド商品は仕入れてはだめですが、ノーブランド商品であれば法律やAmazonにメルカリなどで販売してはいけない商品以外は調べてみると中国のタオバオやアリババで販売されていたりします。

中国輸入で使えるツールは?

794089049849816

ここからは中国輸入を実践するうえで、有名なツールだったり必ず使うべきツールをご紹介していきます。

有名なツール一覧がこちらです。

  • モノレート
  • Keepa – Amazon Price Tracker
  • fba料金シュミレーター
  • Amazon自動価格改定ツール
  • プライスター
  • ショッピングリサーチャー
  • せどりアナライザー
  • アマグラフ
  • アマテラス
  • あまログ
  • Ama速

ズラーっと並べてみたものの、ちょっと、沢山ツールがあり過ぎて、一体どれがどのツールなのかわかりにくいですよね。

ツールの種類ごとに分けるとすれば、このような分類になります。

商品仕入れ判断ツール(無料)

  • モノレート
  • Keepa – Amazon Price Tracker

利益計算ツール(無料)

  • fba料金シュミレーター

自動価格改定ツール(無料&有料)

  • Amazon自動価格改定ツール
  • プライスター

商品リサーチツール(無料&有料)

  • ショッピングリサーチャー
  • せどりアナライザー
  • アマグラフ
  • アマテラス
  • あまログ
  • Ama速

ツールによっては機能が豊富なものもあるため、仕入れ判断にも使えるよ!と思う部分もありますが。

わかりやすくまとめると上記のようになります。この中でも絶対に使うべきツールを伝えると、全て無料で使用することが出来る下記のツールです。

  • モノレート
  • fba料金シュミレーター
  • Amazon自動価格改定ツール

この4つのツールは、仕入れを行う時と、販売し始めてから活用できるツールなので必ず使っていきましょう。

モノレート

まず、モノレートですが、こちらはどちらも同じ機能のツールだと思ってください。

どちらのツールもAmazonで過去にいくらの価格で何個売れたのか?まで、丸裸にしてしまう過去相場チェックサイトです。

この無料ツールサイトを利用するだけで、この商品は仕入れても大丈夫なのか?仕入れても売れなかったりしないのか?

なんて、不安を全て取り除いてくれるので、必ず使ってリスク対策を行っていきましょう。

⇒ モノレートの使い方はこちら

fba料金シュミレーター

次に、利益計算を行う上で必須のツールのfba料金シュミレーターです。

このツールはAmazonの商品コード(ASIN)を入力して、販売価格と仕入れコストを打ち込むと

Amazonの手数料を自動で引いた利益計算を一瞬で行ってくれるツールです。

具体的な使い方としては、まずはAmazonの商品ページ(カタログぺージ)を開きます。

今回はこのハンモック商品を見ていきましょう。

ハンモック Amazon

商品ページを開いたら下へスクロールしていくと、「商品の情報」という項目の中に下記画像の赤枠の「ASIN」コードをコピーします。

今回コピーするASINコードはこちら「B00AX1B2VC」です。

ASIN

次に「fba料金シュミレーター」をクリックしてサイトを開きます。

そして、左上に表示されています、「Amazon.jpで商品を検索」という下の検索窓に上記でのコピーしたASINコード「B00AX1B2VC」を貼り付けます。

貼りつけたら右側の「検索」をクリックしてください。

FBA料金シュミレーター01

すると下記画像のように入力するフォームが表示されます。

FBA料金シュミレーター02

今回はFBA発送の場合の計算方法を調べるため、上記画像の赤枠の縦の項目3つを入力していきます。

上から入力するのは、

  1. Amazonの販売価格
  2. 国際送料
  3. 商品の仕入れ金額

と、それぞれの金額を入力していきます。

【STEP1】Amazonの販売価格

1番上のAmazonの販売価格はこのハンモックが、Amazonで現在販売されている価格ということです。

こちらのハンモックは調べた際には、「1,580円」で販売をされていました。

そのため1番上の項目には「1580」と入力します。

【STEP2】国際送料

そして、2番目の項目ですが、これは商品の重量から国際送料を計算していきます。

代行業者によっても国際送料の価格は変わってきますが、平均を取ると1キロ500円で商品を発送してくれます。

そのため、今回はわかりやすく1キロ500円計算で行います。

そしてこのハンモックは938グラムなので、わかりやすく500円で計算をしていきましょう。

そのため2番目の項目には「500」と入力します。

【STEP3】商品の仕入れ金額

そして、3番目の項目ですが、ここは仕入れる商品の仕入れ価格を入力します。

中国輸入転売の場合はタオバオやアリババでの、同じ商品の販売価格を入力すれば大丈夫です。

今回はタオバオで検索をしたら、下記のように同じ商品がすぐに見つかりました。

ハンモックタオバオ

販売価格は「13.90元」となっていますので、まずはこれを日本円に計算しなおします。

こちらのヤフーファイナスのサイトをみて、人民元が日本円でいくらなのか?をチェックします。

今回調べた際には「1元=15.51円」となっているため、わかりやすく1元×16円計算で行っていきます。

また先ほどのタオバオでのハンモック商品も、「13.90元」とわかりにくいので「14元」で計算していきます。

つまり「14元×16円=224円」ということで、ハンモックの仕入れ価格は224円と判明しました。

そのため3番目の項目には「224」と入力します。

そして3つの項目すべてを入力したら、右側にあります下記の「計算」ボタンをクリックします。

計算

すると、緑色で利益金額が表示されます。

利益

今回の商品を仕入れてAmazonで販売すれば、1個で利益316円が取れることがわかります。

これを1ヶ月で、

  • 10個販売  = 3160円
  • 100個販売 = 3万1600円

と、利益がどんどん増えていくわけです。

1商品でいきなり100個売るのは、ちょっとハードルが高いもしれませんが

10個、20個は普通に売れる範囲です。

そして同じような商品をいくつも販売すれば、それだけ利益が10万、20万円と増えていくということです。

ちょっと脱線しましたが、話を戻すとこの商品は利益が取れるというのがわかりましたよね。

つまりこの商品は仕入れをしても問題が無いわけです。この判断を行うためにもfba料金シュミレーターは必ず使いましょう。

Amazon自動価格改定ツール

これはAmazonの販売者専用のページの、セラーセントラルにて無料で使用できる自動価格改定ツールです。

Amazonではヤフオクやメルカリのように、常に出品ページを立ち上げて販売を行うのではなく

同一商品は同一ページに販売することが決められています。

つまりライバルの販売者と同じページで、商品ページを奪い合って売上を上げるわけです。

つまり値下げ競争に発展したり、逆にみんなで値上げを意図的に狙うこともあるわけです。

複数の商品を出品していると、常に商品を価格をチェックすることは出来ませんよね。

また、副業で取り組んでいるならば、本業の仕事中はなおさらチェックが難しいです。

でもこのAmazon自動価格改定ツールを使えば、最初に設定をするだけであとは価格が変動したら、その価格に自動で変更されるようになるのです。

それに商品数が増えていけば、価格の調整を行うのに数十分はかかるのですが

それを一切せずに自動で価格調整が出来るのです。

今までは有料でしかできなかったサービスが、Amazonから無料で提供されているので使わない手はありません。

(関連記事:Amazon自動価格改定ツールの使い方とは?)

その他、中国輸入転売で使えるツール

その他のツールも車と同じで使い方次第では、非常に便利で作業効率をアップしてくれます。

無料のものが一部含まれていますが、基本は有料のツールが多くなっていきます。

ただ、ツールに頼っているだけでは稼げませんので、必ずツールを使い倒せるスキルを身に着けることが重要です。

それぞれの商品の機能や詳細については「中国輸入で使えるリサーチツールまとめ」をご覧ください。

今さら聞けない中国輸入転売で稼ぐQ&Aのまとめ

まとめますと、

  • 中国輸入転売は中国から日本に輸入して販売するビジネスモデル
  • 中国輸入が稼げる理由は12の理由がある
  • 中国輸入では5つの注意点がある
  • 中国輸入はリサーチが1番重要
  • 最初は画像検索リサーチがやりやすい
  • 中国輸入で仕入れるサイトはまずは3サイトから選ぶと良い
  • 代行業者は個人よりも法人や組織運営をしている業者を選ぼう
  • 代行業者は価格以外のポイントも見ると良い
  • 支払いは海外送金など主に4つの決済方法がある
  • 中国輸入で販売するには最初はAmazonがおすすめ
  • 商品の梱包に必要な道具は簡単に用意が出来る
  • 中国輸入になれて来たら直送でリードタイムの短縮を行う
  • 仕入れ禁止商品をまずは知ることが重要
  • 「〇〇風」という商品は注意が必要
  • コンセント付きの商品は販売が難しいためスルーしよう
  • ハサミも釣具も梱包に注意すれば問題ない
  • 液体商品は仕入れは出来るが最初はやめた方が無難
  • モバイルバッテリーは船便で仕入れが可能だがPSEマークにもかかわってくる
  • アクセサリー商品は利益アップ戦略を実践する
  • 子供服やアパレル商品はサイズや仕入れ個数に注意する
  • ウィッグ商品は同時期に大量に注文すると後悔する
  • 必ず使うべき無料のツールが4つある
  • 他の無料&有料ツールも使うことで作業効率が一気に上がる

という事が稼ぐうえで意識するべきポイントでしたね。

毎月安定して中国輸入転売で稼ぐならば、必ず意識しておきたい部分なのでよければ覚えておいてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料】1日たった5分で月収100万円稼げる省エネ物販!

あなたは、下記のような悩みを抱えていませんか?

:「仕入れるお金がない…。」
:「作業をする時間がない…。」
:「利益率が低い…。」

もし、上記のような「稼げない」悩みを抱えているなら、その悩みを解決できるチャンスです。

それは、ビジネス初心者さんでも、稼げてしまう企画がスタートしたためです。

どうして、ビジネス初心者さんでも結果が出せてしまうのか?その理由はコチラです。

☑:毎日の作業は1日たったの5分だけ!
☑:放置でも月収100万円!
☑:ネットショッピングの経験だけで稼げる!
☑:初心者でも再現性が高い!
☑:最短で結果が出やい!

このように、今まで稼げなかった場合でも、少ない労力で効率的に収益を上げることが出来るためです。

もし、現在「稼げない…」と、悩んでいるなら、無料期間中に下記よりご覧ください。

→ 1日たったの5分で月収100万円稼げる省エネ物販はこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す