無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

ヤフオクに転売して赤字になる7つのポイントとは?

ヤフオク転売して赤字になる7つのポイントとは?

この記事ではヤフオクへ転売をして、赤字になっている場合に注意したい、7つのポイントについて解説していきます。

副業で毎月稼いで生活の足しにしたいとか、少しでも借金を返済したいとか、様々な理由でヤフオク転売を始めたものの、思ったよりも商品が売れずに赤字になってしまうパターンがあります。

このようにヤフオクで転売しても赤字になる場合は、以下の7つのポイント意識すると利益が取れるようになります。

  • 価格が安定して売れている商品を販売する
  • 過去に売れている商品を仕入れる
  • 最低利益率を維持する
  • 1円出品は需要の高い商品などに分けて使う
  • 終了時間を意識する
  • 焦って販売しない
  • ヤフオク以外の販売先も活用する

どれも大切なポイントなので、掘り下げて詳しく見ていきましょう。

ヤフオク転売で赤字を回避するポイントとは?

ヤフオク転売で利益が取れるようになるには、以下の7つのポイントを意識することが大切でしたね。

  • 価格が安定して売れている商品を販売する
  • 過去に売れている商品を仕入れる
  • 最低利益率を維持する
  • 1円出品は需要の高い商品などに分けて使う
  • 終了時間を意識する
  • 焦って販売しない
  • ヤフオク以外の販売先も活用する

それでは詳しく見ていきましょう。

 

価格が安定して売れている商品を販売する

赤字になる原因はライバルが増えたことにより、早く商品を販売するために価格競争が起こってしますことです。

特にトレンド商品などは一気にライバルが増えて、価格が高騰して行きますが旬を過ぎてしまえば、購入者がどんどん減っていくため、価格を下げなければ売れなくなります。

このタイミングで商品を仕入れても、ライバルばかりで売れにくく商品価格が下がってしまうわけです。

そのため、一時的な人気で売れる商品を扱うのではなく、安定して数か月間と同じ価格で販売されている商品を仕入れましょう。

数か月でも価格に大きな変動がない場合は、その後も同じ価格で販売できる可能性が高いです。

すると、爆発的に売れる商品でなくても、利益が赤字になる危険性が減るため安心して転売できるのです。

(関連記事:ヤフオクを使い副業仕入れで稼ぐ方法と注意点とは?)

 

過去に売れている商品を仕入れる

これはヤフオクで販売されている中で、毎月売れている商品を仕入れて転売するということです。

ヤフオク転売で稼ぐためには当たり前のことなのですが、この売れている商品を転売する当たり前のことが出来ていない人が多いのです。

はっきり言ってここを意識してリサーチを行うだけで、販売した商品の利益が赤字になる可能性は大きく下げることが出来ます。

そのため、リサーチ作業は面倒かもしれませんが、ここはグッと我慢をしてコツコツと売れている商品を見つけていきましょう。

(関連記事:中国輸入でヤフオク販売を行う3つのメリットとリサーチ方法)

 

最低利益率を維持する

これは最低〇〇%以下の商品は仕入れないと決めて、それ以上の利益率の商品を販売することです。

ヤフオク転売で赤字になる人の特徴の1つに、薄い利益の商品の数が多すぎるという事があります。

この原因としては最低利益率を意識していないことが上げられます。

そのため、最低10%以上とか20%以上でなければ仕入れないなどを決めて、それ以上の利益率の商品のみを扱うと赤字から抜け出すことが出来ます。

これは利益率だけではなく利益額でも問題ありません。「最低500円以上の利益額の商品を仕入れる!」など、仕入れを行うボーダーラインを決めるとリサーチもやりやすくなります。

 

1円出品は需要の高い商品などに分けて使う

ヤフオクの1円出品は需要がある商品の時に1円出品するということです。

ヤフオクでは1円出品などスタート価格を決めることが出来ますが、あまり人気ではない商品は予想を下回る価格で落札されることがあります。

極端な例かもしれませんが、2980円で販売したいのに300円で落札されることもあるわけです。そのため、1円出品は需要が高い旬の商品などで設定して転売すると良いです。

人気の商品は入札も多くなり、自然と相場の価格まで価格が上がっていきますので、1円出品を行っても安心して利益が取れるようになるのです。

そのため1円出品は商品の需要によって使い分けることを意識しましょう。

 

終了時間を意識する

ヤフオク転売では終了する間際が一番入札が増えるため、終了する時間帯や曜日は重要です。

基本的には日曜日や月曜日の夜21時~23時ごろが、アクセスが集まりやすいため入札数を最後に増やすことが出来ます。

もちろん転売している商品のターゲットによっても、若干時間帯は異なってきますが、本業終わりの夜の時間帯が最も見てもらいやすいため、無難に日曜日や月曜日の夜に販売終了するようにしましょう。

 

焦って販売しない

転売初心者ほど販売してすぐに売れなかったら焦って価格を下げてしまいますが、これでは無駄に赤字にしているだけなのでやめましょう。

仕入れた商品がヤフオクで1ヶ月の間に10個売れていたとします。平均すれば3日に1個売れる計算ですが、しかし現状は3日に1個売れているとは限りませんよね。

1週間全く売れずに8日目、9日目にドドーンと一気に売れるケースだってあるわけです。しかし、7日目で売れないからと言って赤字販売していれば、せっかく利益が取れていた商品を自分からわざわざ赤字で販売しているわけです。もったいないですよね。

そのため下手に焦らずに最低どのくらい様子を見るなどの期間を事前に決めておきましょう。

 

ヤフオク以外の販売先も活用する

ヤフオクで赤字にどうしてもなる商品は一度、Amazon、メルカリ、フリル、ラクマなど、別のサイトではどのくらいの価格で販売されているかをチェックしましょう。

もし、ヤフオクでは1000円の価格で販売していて300円の赤字であれば、それ以上の価格で販売されていればその媒体で販売してみると良いでしょ。

特に、メルカリ、フリル、ラクマであれば出品手数料などかかりません。もっと言えばフリルやラクマは手数料が現在無料のため赤字になるリスクも非常に低くなります。

ヤフオクに転売すれば赤字だけど別のサイトだと利益が取れることなんて普通にありますので、下手にこだわらずにドンドン別サイトも利用していきましょう。

 

ヤフオクに転売して赤字になる7つのポイントのまとめ

まとめますと、

  • 安定した価格で売れている商品を仕入れる
  • 売れている商品をリサーチして販売する
  • 仕入れる商品の最低利益額を意識する
  • 1円出品と即決出品は使い分ける
  • 日曜日、月曜日の夜に販売終了を行う
  • 売れない期間はどのくらいまで我慢するかを決める
  • Amazon、メルカリ、フリル、ラクマも使っていく

以上が、ヤフオクに転売して赤字になる7つのポイントとはについてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す