無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

中国輸入は相乗り出品と新規出品はどっちを取り組むべきか?

中国輸入相乗り出品と新規出品はどっちをするべきか?

この記事では、Amazonで中国輸入商品を販売する際に、相乗り出品と新規出品を行うならどっちの方がいいのか?について解説していきます。

これから中国輸入ビジネスを実践しようとしている方から「中国輸入転売でAmazon販売するなら相乗り出品と新規出品ならどっちをやるべきですか?」と、質問を頂くことがあります。

Amazonで販売する中国輸入ビジネスでは基本的には、

  • 相乗り出品:既存のページにて販売する方法
  • 新規出品:新規ページを作成して販売する方法(OEMやODMなどもこの新規出品)

といった、2種類の出品方法があります。

そして、それぞれメリットがあるため、様々な情報を見ても「相乗りをやるべきだ!」や「いや、価格競争にならない新規出品をやるべきだ!」なんて真逆の意見を耳にすることがあります。

このように、人によって意見が異なる場合はどうすればいいのか?と迷ってしまうかもしれません。

これ、結論から言いますと、相乗り出品も新規出品もどちらも取り組むことをオススメします。

相乗り出品も新規出品もどちらもメリットがあるため、どちらか1つにしか取り組まないのは非常にもったいないので相乗りも新規出品も両方とも実践する方が効率的です。

ただし、注意したいのは相乗り出品と新規出品を同時に取り組むの労力的に大変ですので、

  1. 相乗り出品で目先の金額を稼ぐ
  2. 作業に慣れたり収益を得られるようになったら新規出品に取り組む

と、この2つのステップで行うことが大切になります。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

相乗り出品と新規出品を取り組むタイミングとは?

初心者さんが中国輸入ビジネスをスタートして、いきなりAmazonで相乗り出品と新規出品を同時に行うのは作業量が多くなるためあまりオススメできません。

そこで取り組むタイミングではこのタイミングがオススメでしたね。

  1. 相乗り出品で目先の金額を稼ぐ
  2. 作業に慣れたり収益を得られるようになったら新規出品に取り組む

それでは詳しく見ていきましょう。

【STEP1】相乗り出品で目先の金額を稼ぐ

まず、相乗り出品を取り組み利益で10~30万円以上を安定して稼げるようになりましょう。

とりあえず相乗り出品に取り組み利益で10万円でも稼ぐことで「本当に中国輸入転売で稼ぐことが出来るんだ!」という自信を持ってもらえるのと、作業に慣れながらどのような商品を仕入れることで稼げるのか?という稼ぐために必要なポイントを学ぶことが出来るためです。

どうして同時に相乗りと新規出品に取り組まないほうがいいのかといいますと、相乗り出品と新規出品ではやるべき作業が少し異なるためです。

相乗り出品とは既存で売れている商品ページを見つけてその商品を仕入れて出品する方法となります。そのためやるべき作業としては「商品リサーチ→仕入れ→販売」とこれを繰り返すだけいいのです。

それに対して、新規出品は売れている商品を見つけたらAmazonなどであなた専用のページを作成して売れるようにカスタマイズしていく必要があるのです。

正直どのような商品が売れるのか?どうやれば売れる商品ページが作成できるのか?がわからない時点では、まずは相乗りで目先の資金を稼ぎながら相乗りで出品で売れる商品を見つけていくほうが初動段階では早く収益を得ることが出来ます。

【STEP2】作業に慣れたり収益を得られるようになったら新規出品に取り組む

そして、中国輸入ビジネスとAmazon販売がある程度慣れてきたときに、次のステップとして新規出品に取り組むのが効率的です。

相乗り出品を実践することで安定して20~30万円という金額を狙うことが出来ますし、リサーチスキルなども身につき売れる商品が分かってくるようになります。

つまり資金とスキルを相乗り出品で身に着けて、その後、より利益率が高い商品をあなたが作成して販売することでより稼げる金額を増やすことが出来るのです。

そのため1つだけに取り組むのではなく、相乗り出品も新規出品もどちらにも取り組むことが効率的なのです。

相乗り出品と新規出品のメリットとは?

Amazon販売の中国輸入ビジネスを実践するならば、相乗り出品と新規出品はどちらも取り組むべきだと言いました。

なぜ、どちらも取り組むべきなのかというと、それぞれ取り組むべきメリットがあるためでしたね。でもどのようなメリットとデメリットがあるのか?と気になるかもしれません。

ちなみに相乗り出品と新規出品のそれぞれのメリットについてですが、

「相乗り出品のメリット」

  • 出品登録が簡単にできる
  • 既に売れているページに販売するため即金性が高い

「新規出品のメリット」

  • 1人で販売することが出来る
  • 価格を自分で決められるため高利益率を狙える

と、このように、それぞれのメリットがあります。それでは詳しく見ていきましょう。

出品登録が簡単にできる(相乗り出品のメリット)

Amazonにて新規出品を登録する場合はその商品ごとにページを作成して、アクセスの集まりキーワードを分析したりライバルセラーが作成したページを分析してページを作りこむ必要があります。

しかし、相乗り出品ならば既に作成されている販売ページへと出品するだけでいいので、この余計な手間暇が無くなるのです。

そのため、最初にあまり知識が無い段階では余計な作業をせずとも商品リサーチなど重要な稼ぐための作業に力を注ぐことが出来るのです。

既に売れているページに販売するため即金性が高い(相乗り出品のメリット)

Amazonで新規ページを作成した場合はAmazonのSEOの兼ね合いなどもあり、アクセスが集まり出すまで早くても1ヶ月以上かかったりします。

取り扱う商品の問題や広告費を使えない場合などなら数稼げつ売れないなんてこともあります。

しかし、相乗り出品では既に育ってアクセスの集まっているページに出品して販売するため、出品したその日に売れるなんてことも普通にあります。

実際にある商品ではAmazonのFBA倉庫へと納品されたタイミングでそのまま数十個売れてしまい納品した商品が瞬時に完売した経験も多々あるほどです。

そのため、初心者さんでも早い段階で正しいやり方に取り組んでいれば初月から余裕で稼ぐことが出来るのです。

1人で販売することが出来る(新規出品のメリット)

ここから新規出品のメリットになります。

最初のメリットはあなた1人で独占販売を行うことが出来るというメリットがあります。

相乗り出品では同じページで販売をすることで売れるのがランダムで決められることがあります。

しかし、新規出品ではライバルが参入できないように商品やページを作りこむことで、独占して稼ぐことが出来るようになるのです。

以前、流行っていた中国輸入転売での独占販売などはまさにこの部分のメリットになります。

価格を自分で決められるため高利益率を狙える(新規出品のメリット)

相乗り出品では複数の人で同じページへ出品するため価格競争が起こりやすくなります。

しかし、新規出品であればあなただけが販売しているため価格を下げなければ価格競争という概念がそのページの中では起こらなくなるのです。

厳密にいえばAmazonから見た場合、同じような商品ページのほうが価格が安くて商品が魅力的な場合は価格を下げなければ高利益を狙える反面、商品が売れないというデメリットももちろんあります。

ただ、商品やページをしっかりと作りこんでいれば価格をあなた自身が決めることで利益率を自由に操ることも出来るのです。

相乗り出品や新規出品のメリットは以上になります。

もちろんデメリットして相乗り出品であれば、このようなデメリットが上げられます。

  • 価格競争に巻き込まれやすい
  • 利益率が低い
  • 商品種類を増やさなければいけない

そして、同じように新規出品のデメリットしても、このようなデメリットが考えられます。

  • ページを育てないといけないためすぐには売れない
  • 商品作成の手間暇がかかる
  • 不良在庫を抱えるリスクがある
  • ある程度の資金が必要になる
  • 価格競争は新規出品でも起こる上にわかりにくい

ただし、相乗り出品と新規出品のデメリットはお互いのメリットで補い合うことが出来るため、どちらも実践することでリスクを低くしてリターンを狙うことが出来るのです。

ちなみにですがAmazonでの相乗り出品を防ぐ方法に関しましては「アマゾンでライバルの相乗り出品を防止する5つの方法」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

相乗り出品や新規出品で気になるポイントとは?

ここでは、中国輸入転売の相乗り出品や新規出品を行う際に気になる疑問に不安や注意点についてまとめていきます。

  • Q:相乗り出品ってもう稼げないじゃないの?
  • Q:相乗り出品をする際に注意するべきポイントってあるの?
  • Q:JANコード取得済みの表記は相乗りしないほうがいいの?
  • Q:独自ルートでの仕入れ商品はどうなの?
  • Q:OEMやODM商品と記載されている商品はスルーしたほうがいい?

それでは1つ1つ見ていきましょう。

Q:相乗り出品ってもう稼げないじゃないの?

確かに時代的には「もう相乗りは終わった」とか「OEMやODM(オリジナル商品)でなければ生きていけない!」なんて声を耳にします。

でも、現実いまだに相乗り出品で稼いでいる人は普通にいますので安心してください。

実際に私の知り合いや教材実践者さんからも、

  • 「相乗りで普通にいまでも稼げますよ!」
  • 「毎月相乗りだけで利益率20~30%は普通にいきますね。」
  • 「OEMやODMに取り組んで4ヶ月稼げなかったけど相乗りなら初回仕入れから稼げました!」

なんて、実践報告なども聞いていますので安心してください。

一時は中国人セラーや初心者セラーによる価格競争によって利益が取れる商品が減った事実はありますが、値下げ合戦を行っていた人たちは自滅してしまったため、現代ではその状況が緩和されており利益が取れる商品がドンドン増えているのです。

イメージとしては株価と同じで一時的に下がったとしても、そこから上がっていくのと同じ状況で、相乗りで利益が取れなくなった商品でも時期をズラせば利益は取れるようになるのです。

実際に知り合いの中国輸入経験者さんでも「相乗り出品は最初に取り組む方法としては効率よく美味しい手法ですよね」という声を聞きますからね。

相乗りをステップに次の展開へと移行する

ただ、勘違いしてほしくないのが、別に「相乗りのほうがいいよ!」ってことではなく、

  1. 相乗りで稼いで資金を作る
  2. 相乗りで売れる商品をOEMに展開していく
  3. 相乗りやOEMで稼いだ資金でODMへと移行する

と、このステップで取り組むのが効率的だということです。

さらに言えば、個人的には上記①~③のどのタイミングでもいいので、中国輸入転売を実践しながらブログとメールを使ったアフィリエイトや情報発信も合わせて取り組んでいくのを推奨しています。

理由としては単純にこの2本柱を行うことでリスク分散にもつながりますし、より最短で稼ぐことが出来るようになるためです。

たまに「中国輸入転売が稼げないから情報発信しているのですか?」なんて失礼な質問が届きますが、どちらも稼げる上に同時に行うことでより稼ぎが増すから取り組みましょうとオススメしているにすぎません。

Q:相乗り出品をする際に注意するべきポイントってあるの?

新規出品とは異なりライバルがいる販売ページへと商品を販売する相乗り出品では注意したいポイントがあります。

特にこの5つは注意するようにしましょう。

  • 商標登録済みとの記載がある:調べて登録済みの場合は相乗りはしないほうがいいです。
  • 商品や箱にロゴを記載している:商品本来のロゴであれば問題ありませんが、商品自体にセラー名が書かれている場合は止めておきましょう。
  • 出品者が1人だけ又は専門店がいる場合:独自で販売されたオリジナル商品や仕入れ先が見つかりにくい可能性があるため注意が必要です。
  • ブランドやアニメなどの著作権に引っかかる商品:偽物販売や著作権違反などでアカウント停止になるため注意しましょう。
  • Amazon自体が出品者としている商品:中国輸入ではあまり多くありませんがAmazonが出品者としている場合は利益が取れないことが多いため注意しましょう。

とりあえず上記のポイントだけは意識したほうがいいです。

ブランド商品の仕入れに関しましては「中国輸入でブランド品は仕入れてもいい?偽物の見分け方とは」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

Q:JANコード取得済みの表記は相乗りしないほうがいいの?

JANコード取得済みでも同じ商品であれば相乗り出品をしても問題ありません。

このJANコードは新規出品をする際に取得しなければいけない識別番号にすぎませんので、特にライバルを追い出すことが出来る効果などはありませんので安心してください。

Q:独自ルートでの仕入れ商品はどうなの?

商品ページ(カタログページ)をチェックしていると「独自ルートで仕入れをしています」といった表記を見かけることがあります。

しかし、商品が全く同じものであればどのルートから仕入れても問題ありませんので、同じ商品なら相乗りすることが出来ます。

もちろんブランド商品のように横流し品であれば仕入れはNGですが、そもそもブランド商品は取り扱わないためこの部分は気にする必要もなくなります。

Q:OEMやODM商品と記載されている商品はスルーしたほうがいい?

まず、このOEM(Original Equipment Manufacturing)やODM(Original Design Manufacturing)とはこのような違いがあります。

  • OEM:ノーブランド商品に自社のオリジナルロゴやタグなどを付けた商品のこと。
  • ODM:デザインから作成したオリジナル商品のこと。

そのため、ODM商品の場合は仕入れ商品が見つからないため相乗りすることが出来ません。

しかし、OEM商品であればタオバオやアリババと全く同じ商品の場合は相乗りすることが出来るためスルーするのはもったいないのでチェックするようにしましょう。

またページが作りこまれていて相乗りするのが躊躇してしまうOEMや相乗りが難しいODM商品の場合でも、どのような商品をどのように変更することで独占販売をしているのか?や、画像や商品説明文などをチェックすることで、あなたが相乗りからステップアップする際に参考になるため、先々のことを視野に入れてチェックしておきましょう。

Amazon中国輸入では相乗りと新規出品のまとめ

まとめますと、

  • 中国輸入ビジネスではどちらも取り組むことが大切
  • 相乗りと新規ページのメリットとデメリットを補い合う
  • 相乗りと新規出品は同時にスタートはしてはいけない
  • まずは相乗りからチャレンジして新規ページを作成していく
  • 相乗りで結果を出したらOEMやODMへと移行する
  • 相乗りは今でも問題なく稼げる手法

以上が、Amazon中国輸入では相乗りと新規出品はどっちがいいのかについてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す