無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

ネットビジネスで中国輸入は初心者でも稼げるジャンルなのか?

ネットビジネス中国輸入は初心者でも稼げるジャンルなのか?

この記事では数あるネットビジネスの中で中国輸入ビジネスは初心者向けのビジネスモデルなのかについて解説していきます。

ブログやメルマガを通してよくいただく質問の中に「中国輸入ビジネスは初心者でも稼げるビジネスですか?」という、内容の質問が多くあります。

これからネットビジネスを実践する中で、どうせなら稼ぎやすい初心者向けのネットビジネスにチャレンジしたいと思いますよね。ここ間違えると私のように半年間ひたすら頑張っても数百円とかしか稼げないなんてことがあるため注意したほうがいいです。

ちなみに、中国輸入ビジネスは多くのネットビジネスでも初心者向けのビジネスモデルだと言えます。また、初心者だけではなく、そのあともやり方を応用していき中級者、上級者へとステップアップできるビジネスとなっています。

なぜ、ネットビジネスの中でも中国輸入ビジネスが初心者向けビジネスなのかというと、

  • 集客とセールスが不要なビジネスのため
  • 英語力などが一切必要ではないため
  • 作業を外部へ任せることで仕組化出来るため

と、このような3つの理由があるため、初心者でも結果が出やすいネットビジネスだと言えるのです。

ネットビジネスで中国輸入が初心者向けな理由とは?

これからネットビジネスをスタートする素人さんでも、中国輸入が結果を出しやすいビジネスな理由が以下の3つでしたね。

  • 集客とセールスが不要なビジネスのため
  • 英語力などが一切必要ではないため
  • 作業を外部へ任せることで仕組化出来るため

それでは1つ1つ見ていきましょう。

1.集客とセールスが不要なビジネスのため

初心者さんがビジネスで結果を出すためには、難しい集客とセールスをしないことが大切なのです。

これはネットビジネス全般に言えることですが、ビジネスで結果を出すためには「集客→セールス」と、この2つを行うことが大切になります。あなたの商品を購入してくれる方に来ていただいて、そのお客に商品を購入してもらうということです。

例えば、通常の店舗ビジネスなどであれば、

  • 飲食店:来店してもらい食事をしてもらう
  • 美容室:来店してもらい髪をセットしてもらう
  • 映画館:来館してもらい映画や飲食をしてもらう

と、このように、そのビジネスで収益を上げるためには、お客に来てもらいサービスを受けてもらうことが大切になります。

しかし、ぶっちゃけて言いますと、この集客とセールスっていきなり初心者がやったところで、上手くいく確率は少ないものです。

もちろん、深夜テレビで流れていますテレビショッピングのように、ある程度のセールスのテンプレートなどがあるため、それを実践すれば全くの未経験者であっても結果を出すことは出来ます。

ただ、集客は本当に正しいやり方をしなければ、まず結果を出すことができません。そして、集客が上手くできないのにセールスにばかり力を入れる人が多いため稼げなかったりするのです。

イメージとしては美味しい料理を作ったり、見やすいメニューを作成してみたものの、サッパリお客が来なくて閑古鳥が鳴いている状態ということです。

つまり、集客とセールスをどちらも上手くこなすことが出来なければ結果を出すことは出来ないということなのです。

しかし、中国輸入ビジネスであれば、この集客とセールスを全て利用するAmazonやメルカリにヤフオクなどが代わりに行ってくれるため、その媒体で売れる商品を見つけて出品さえすれば初心者であっても商品を売ることが出来ますし稼ぐことだってできてしまうのです。

(関連記事:ネットビジネスで結果を出せる人の特徴とは?)

2.英語力などが一切必要ではないため

中国輸入転売は輸入ビジネスなのにもかかわらず、日本語しか使わないため英語が苦手でも全く関係ありません。

よく、輸入ビジネスや輸出ビジネスなどで「英語力は必要ない!」なんて言われていたりしますが、登録するサイトの表記が英語だったというだけで苦手意識を覚える方も多いのではないでしょうか。私も英語が全く苦手なので、ずっと欧米輸入を実践しようとしていましたが、英語への恐怖心が取れずに結局断念してしまいました。

そんな私ですら、中国輸入ビジネスでは初月から結果が出るほどに英語を含めた語学力は全く必要ではないのです。もちろん、中国から商品を仕入れるため中国語のショッピングサイトを見る必要はあるのですが、画像だけで検索をしたりすればいいだけで、商品を購入するのは日本語がペラペラの業者に委託をすればいいだけなので、全く中国語がわからなくても問題ないのです。

ちなみに私を含めて結果を出している知り合いの方に聞いても、中国語がいまだにわからないという人は多くいます。それでも売上を上げることが出来るのが中国輸入ビジネスなのです。

ここって本当にメリットが強いと感じていまして、英語が苦手って人本当に多いと思うんですね。英語が苦手だから輸入ビジネスが出来ないわけではなく、中国輸入ビジネスのようにネットビジネスでも取り組めるジャンルがあるのは頭の片隅にでもそっと意識しておいてください。

3.作業を外部へ任せることで仕組化出来るため

リサーチや納品作業がめんどくさいなら全て外注や業者に委託することで手放しでも売上を上げることが出来ます。

転売ビジネスの中で最もリサーチ作業が簡単なのは、ヨドバシカメラやTSUTAYAなどから商品を仕入れてAmazonやメルカリなどで販売する国内せどりが最も手軽で簡単となっています。

中国輸入ビジネスを含めた他の物販ビジネスでは、まず販売先の媒体で売れている商品を調べて、その商品をリサーチして無料サイトなどを利用して利益が取れるかをチェックしていきます。

しかし、国内せどり(店舗仕入れ)では、ブックオフなどの店舗へ出向いて、お店にある商品を無料で使えるせどりツールを使ってカメラモードで商品のバーコードを読み込めばその瞬間に取れる利益金額が表示されるのです。

そのため、国内せどりから中国輸入ビジネスへと移行したばかりであれば、リサーチがめんどくさいと感じてやる気が出ないかもしれません。しかし、中国輸入転売ではリサーチを外注へ任せることで、手放しで利益が取れる商品を見つけることが出来るのです。(※個人的には最初はスキルを高めるために自分でリサーチをすることをオススメしています。)

いざとなれば、リサーチ業務すら外部へ投げることで自動で収益を上げることが出来るため、初心者であっても収益を上げやすいネットビジネスだと言えるのです。

(関連記事:中国輸入でリサーチを外注化するタイミングと対策について)

ネットビジネスで中国輸入は初心者でも稼げるのかのまとめ

まとめますと、

  • 中国輸入はネットビジネスでも初心者向けビジネス
  • 集客とセールスをしなくてもよいビジネスモデルのため
  • 英語力が必要無いうえに外部へ作業を投げることが出来るため

以上が、ネットビジネスで中国輸入は初心者でも稼げるジャンルなのかについてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す