無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

中国輸入転売で効率化するグーグルクローム拡張機能6選!

中国輸入転売で効率化するグーグルクローム拡張機能6選!

この記事では中国輸入転売で作業効率をアップさせる、グーグルクロームの拡張機能について解説していきます。

中国輸入転売を行う際にリサーチ作業など「もっと効率的に作業が出来たらいいのになぁ…」って感じることも少なくないはずです。

そこで、無料で使用できるグーグルクロームの拡張機能でオススメを6つご紹介していきます。

中国輸入転売で作業効率化できる拡張機能のおすすめ6選はこちらです。

  • どこでも翻訳 Translate Anywhere
  • AMZ Seller Browser
  • Extensity
  • SmaSurf(スマサーフ)
  • Keepa – Amazon Price Tracker
  • ショッピングリサーチャー

それでは詳しく見ていきましょう。

中国輸入転売で作業効率化する拡張機能とは?

中国輸入で稼ぐうえで作業効率化の手助けをしてくれる拡張機能はこちらの6つでしたね。

  • どこでも翻訳 Translate Anywhere
  • AMZ Seller Browser
  • Extensity
  • SmaSurf(スマサーフ)
  • Keepa – Amazon Price Tracker
  • ショッピングリサーチャー

それでは1つ1つ見ていきましょう。

どこでも翻訳 Translate Anywhere

このどこでも翻訳 Translate Anywhereの拡張機能ですが、これは好きな時に翻訳が出来るツールとなっています。

例えば、タオバオやアリババのページで「あれ?これってどう意味なんだろう?」時になった場合や、Amazonの商品ページでタイトルを中国語に変換した場合など簡単に翻訳を行うことが出来ます。

具体的な使い方としては、まずタオバオで適当なタイトルをコピーします。

そして、グーグルクロームの右上に追加されたどこでも翻訳のアイコンをクリックします。すると下記画像のような項目が表示されるようになります。

この上の項目部分にコピーしたタイトルなどを貼りつけして、真ん中にあります「翻訳」ボタンをクリックすると、下記画像の用の下部のように翻訳された言葉が表示されます。

ちなみに、中央にある「日本語」という部分を「中国語」に変換をすることで、日本語から中国語に簡単に変換することが出来るので中国輸入転売ではヘビーローテーションで利用する拡張機能となっています。

→ どこでも翻訳 Translate Anywhereの拡張機能はこちら

AMZ Seller Browser

このAMZ Seller Browserという拡張機能ですが、これはAmazonで商品検索した際に商品のすぐ下に下記の灰色の商品情報が出てくるツールとなっています。

上記のグレー部分の中身ですが、

  • Amazonランキング
  • ASINコード
  • FBA出品者数
  • 価格の変動

と、このような項目が商品ごとでチェックすることが出来るのです。

まずはAmazonランキングをチェックすることで、ある程度の売れ行きを判断することが出来るのです。

この拡張機能を使うことで「商品詳細ページをチェック→下にスクロールしてランキングをチェックする」といった、作業を短縮できるため中国輸入転売での作業効率をアップさせることが出来るのです。

→ AMZ Seller Browserの拡張機能はこちら

Extensity

このExtensityという拡張機能ですが、これは他の拡張機能のON・OFFがすぐに行えるツールとなっています。

グーグルクロームの拡張機能は同時に使用し過ぎると、ツール稼働による問題で動作が遅くなることがあります。具体的にはAmazonの商品ページを検索したら複数のツールが稼働することで、中々商品ページを開くことが出来ないといった状況になるということです。

そこで、具体的に対策を行うとしたら、通常はGoogle Chromeの設定」→「設定」→「拡張機能」と手順を進めていき、インストールした各種機能の有効のチェックを外して、インストールしているけどツール自体が稼働しない様に設定する必要があるのです。

しかし、これってそこまで大変な作業ではなりませんが毎回行うとなると正直めんどくさいのがあります。そこで効果を発揮してくれるのがExtensityなのです。

Extensityではグーグルクロームのブラウザーに追加されたアイコンをタップして、ツールのON・OFFをクリックするだけで簡単に行うことが出来るのです。

複数もの拡張機能を入れている場合は作業効率をアップさせてくれるツールなので入れるのをお勧めします。

→ Extensityの拡張機能はこちら

SmaSurf(スマサーフ)

このSmaSurf(スマサーフ)という拡張機能は、

  • モノレート
  • FBA料金シュミレーター

など、簡単設定した複数のサイトへボタンをワンクリックするだけで飛ぶことが出来る作業効率化ツールとなっています。

こちらの拡張機能の詳しい説明に付きましても、下記の「ショッピングリサーチャー」の説明にあるリンク先で解説していますので良ければご覧ください。

Keepa – Amazon Price Tracker

このKeepa – Amazon Price Trackerという拡張機能は、モノレートなどへ行かずともにAmazonの商品ページ上で商品の価格変動がチェックできるようになります。

Keepa – Amazon Price Trackerを使うことでモノレートを検索してASINコードをいれて、といった作業が必要なくなるため圧倒的な作業効率へとつながります。

また、こちらの拡張機能の詳しい説明に付きましても、下記の「ショッピングリサーチャー」の説明記事で解説しているので下記リンクからご覧ください。

ショッピングリサーチャー

このショッピングリサーチャーという拡張機能は、Amazonの商品ページの価格のすぐ近くにモノレートにFBA料金シュミレーターなどへワンクリックで移動できる、リンクボタンが用意されるツールとなっています。

モノレートなら「モノ」のボタン、FBA料金シュミレーターなら「手数料」など、あなたの目的に合うボタンをクリックすることで、作業効率をアップさせることが出来る拡張機能となっています。

詳しい説明に関しましてはこちらの「電脳せどり無料ツール!すぐに使える5つのツール紹介」で解説していますのでご覧ください。

中国輸入転売で効率化するグーグルクローム拡張機能のまとめ

まとめますと、

  • どこでも翻訳 Translate Anywhere
  • AMZ Seller Browser
  • Extensity
  • SmaSurf(スマサーフ)
  • Keepa – Amazon Price Tracker
  • ショッピングリサーチャー

以上が、中国輸入転売で効率化するグーグルクローム拡張機能6選についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す