Amazonメルカリを使い稼ぐせどりリサーチとは?

この記事ではAmazonとメルカリを使い効率的にせどりや転売で稼ぐポイントについて解説していきます。

これからせどりを含めた転売ビジネスにチャレンジしようと考えている場合なら、Amazon・メルカリとどっちを活用すればいいのか迷ってしまうかもしれません。

特に、メルカリはスマホで簡単に出品が出来るうえに利用者数も多く人気が高い媒体ですし、Amazonも月間利用者数が4800万人以上とモンスターサイトとなっているのでどちらがいいのか迷うところですよね。

これ結論からお伝えしますと、Amazonとメルカリで気になる商品をどちらも検索して双方から出品すれば問題ありません。

そこで、このようにどちらを使うべきか迷った場合に効率的なせどりリサーチ手法として、

  • Amazon(仕入れ) ⇒ メルカリリサーチ(販売)
  • メルカリ(仕入れ) ⇒ Amazonリサーチ(販売)
  • Amazon ⇔ メルカリ(双方仕入れ&販売)

と、この3つの流れについて見ていきましょう。

Amazonとメルカリを使う双方リサーチとは?

せどり手法で効率的に稼ぐためのリサーチはこちらの3つでしたね。

  • Amazon(仕入れ) ⇒ メルカリリサーチ(販売)
  • メルカリ(仕入れ) ⇒ Amazonリサーチ(販売)
  • Amazon ⇔ メルカリ(双方仕入れ&販売)

それでは1つ1つ見ていきましょう。

 

Amazon ⇒ メルカリリサーチ

最初の効率的に稼ぐせどりリサーチは、この「Amazon→メルカリリサーチ」についてです。

これは、Amazonの中で需要がある商品をリサーチしてその商品がメルカリでいくらで販売されているかをチェックする方法です。

つまりAmazonで売れている商品をメルカリから仕入れるという手法になります。

Amazonで売れているかどうかのチェックとしては、

  1. AmazonからASINコード(Amazonのオリジナルコード)をコピーする
  2. モノレートにASINコードを貼り付けして検索する
  3. モノレートのランキングをチェックする

と、この手順で調べれば簡単にチェックすることができますので、詳しく見ていきましょう。

【STEP1】AmazonからASINコード(Amazonのオリジナルコード)をコピーする

まずはAmazonの商品ページなんでもいいので開いてください。

今回は「ワイルド・スピード SKY MISSION [Blu-ray]」こちらの商品が見つかったので、
この商品のページで見ていきます。

商品ページを開いたら下にスクロールしていくと「登録情報」という、出演者や監督などの作品情報やAmazonランキングなどが記載されている項目が出てきます。

この項目にありますBから始まるASINというコードをコピーしましょう。

【STEP2】モノレートにASINコードを貼り付けして検索する

Amazonの商品ページからASINコードをコピーしたら、次はGoogle又はヤフーにて「モノレート」と検索をかけてモノレートという過去相場をチェックできる無料サイトを開きます。

そして、このモノレート上にあります検索窓に先ほどAmazonでコピーしたASINコードを貼り付けて検索をしましょう。

【STEP3】モノレートのランキングをチェックする

するとコピーしたASINコードの商品情報が細かく表示されるため、下に表示される項目の「ランキング」のデータの動きをチェックしましょう。

このランキングの項目ですが波形が下に下がっているときに売れているという判断になります。つまり、上記画像のようにギザギザの波形の場合は凄く売れているというのは一目で判断が出来るわけです。

そのため、この商品を仕入れをしてAmazonに出品すれば売れるというデータの裏付けが出来るため、あとはメルカリでいくらで出品されているかを見ていきましょう。

そして、Amazonで売れている価格よりもメルカリで出品されている価格のほうが安い場合はメルカリで仕入れをしてAmazonで出品すれば利益が取れるのです。

(関連記事:モノレートの見方と使い方!新機能モノサーチ&ユーザーも徹底解説)

 

メルカリ ⇒ Amazonリサーチ

次に効率的に稼ぐせどりリサーチの「メルカリ→Amazonリサーチ」ですが、これは上記とは逆でメルカリで売れている商品をAmazonから仕入れを行うというせどりの手法となります。

メルカリで売れている商品を見つける手順としては、

  1. メルカリのホーム画面右上の虫眼鏡マークをタップする
  2. カテゴリー又は検索ワードで商品のジャンルを選択する
  3. 右上にある「詳細検索」をタップする
  4. 項目の下にある「販売状況」をタップする
  5. 販売状況の中の「売り切れ」にチェックをいれて完了をタップする
  6. 右下にある「完了」ボタンをタップする
  7. 同じ商品を見ていき売れている商品を調べる
  8. メルカリで売れている商品を仕入先で調べる
  9. 同じ商品があり利益が取れるなら仕入れて販売を行う

と、この9ステップの手順で作業を進めていけばメルカリで売れている商品を見つけることができます。

あとは、上記同様でAmazonで同じ商品を検索してメルカリよりも安ければその商品を仕入れてメルカリで出品すれば稼げるのです。

(関連記事:メルカリで売れる商品を見つけるリサーチ9ステップを徹底解説)

 

Amazon ⇔ メルカリ

最後の効率的に稼ぐせどりリサーチの「Amazon ⇔ メルカリ」ですが、これは最初から決めずに結果として安い方から仕入れをしてもう一方へ販売するというやり方になります。

上記の2つのリサーチをしていると「Amazonで売れているのを確認できたけどメルカリのほうが1000円ほど高いから仕入れができない…」なんてことが、Amazonでもメルカリでも考えられます。

これはその時点で諦めるのではなく、メルカリのほうが高いならばメルカリで売れているかを調べてみて売れていると判断出来たら、逆に仕入れが安いAmazonから仕入れをしてメルカリに出品すれば利益が取れるわけです。

このように調べたけどダメだったで終わらせるのではなく、どちらかが安ければ逆にすれば稼げるというのがこのせどりリサーチというわけです。

 

Amazonとメルカリを使い稼ぐせどりリサーチのまとめ

まとめますと、

  • Amazon ⇒ メルカリリサーチ
  • メルカリ ⇒ Amazonリサーチ
  • Amazon ⇔ メルカリ

以上が、Amazonとメルカリを使い稼ぐせどりリサーチについてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら