今後、安定的に稼ぎ続けるための2つの戦略とは

billboard-63978_1280

こんにちは、福永健一です。

こちらでは今後稼ぐための方法について解説をしてきます。

中国輸入ビジネスを含めた物販ビジネスで、毎月5万円でも10万円でも稼げるようになったら、その先はどうやって稼げばいいのか気になりますよね。

そこで、過去17種類以上のインターネットビジネスを実践してきた中で、圧倒的にオススメな手法をお伝えしていきます。

ただ、本音でお伝えしていきますので、衝撃的でショックな内容も含まれますが本気で稼ぎ続けるためには必要な事なので、覚悟を決めてご覧ください。

(※動画の速度を早くしたり遅くしたりする方法は、動画の下に解説動画を用意しているので参考にしてください。)

今後、安定的に稼ぎ続けるための2つの戦略とは(動画版)

動画の速度を倍速など変更する方法

動画の速度を早くして視聴する場合は、下記の動画の手順で設定を行ってみてください。

動画の速度を変更するGoogle拡張機能の、「Vimeo repeat & speed」はこちらをクリックされてください。

⇒ 速度を倍速に変更出来るVimeo repeat & speedはこちら

今後、安定的に稼ぎ続けるための2つの戦略とは(テキスト版)

物販で利益で5~30万円以上稼げるようになったら、2つのステップへ進むことが多くなります。

  • ①:そのまま物販ビジネスで売上を伸ばす方法
  • ②:ローリスクなのに高利益のビジネスを同時に行う方法

それでは1つ1つ見ていきましょう。

①そのまま物販ビジネスで売上を伸ばす方法

まず、1つ目のそのまま物販ビジネスで売上を伸ばす方法ですが、これは、Amazonをメインで活用されている場合は、メルカリ・ヤフオク・Yahoo!ショッピングに楽天など販売先を広げていき、外注やスタッフを雇い、売上を500万円、1000万円以上狙っていく方法です。

具体的な販売手法としては相乗り転売を行い売れる商品や売れる商品の、共通点やポイントがどんどん売り上げに比例してわかってきます。

そして、実際に販売した商品などのデータをもとに売れている商品を、OEM販売やオリジナル商品を作成して売上を上げ続けていく方法です。

物販で売上を伸ばしていくメリット

まず、1つ目の「物販でこれからも稼ぎ続ける方法」のメリットですが、

  • やり方や容量が分かっているためイメージがしやすい
  • 既に代行業者など仕組みが出来ているため作業がスムーズに進みやすい
  • オリジナル商品など作成することで利益率がアップする

主にこの部分がメリットのポイントになります。掘り下げてみていきましょう。

メリット①:やり方や容量が分かっているためイメージがしやすい

既に売上を上げているビジネスのため、今後、物量を増やしたり販売価格を増やしたりすれば、比例して売上が上がるというのはイメージが付きますよね。

そして、その際にリサーチ数を増やすとか、具体的にやるべき作業がイメージしやすいのです。

イメージしやすいのは稼ぐために大切なポイントです。

メリット②:作業がスムーズに進みやすい

1から取り組むわけではなく、既に利用している代行業者など、既に築き上げたシステムを利用するため作業に取り掛かりやすくなります。

もちろんゼロから学ぶことも多くはなりますが、それでも既に経験があるジャンルなのでとっつきにくさが無くなります。

メリット③:利益率がアップする

OEMやオリジナル商品を作成して販売することで、価格競争が起こりにくくなります。(※相乗りでなくても価格競争は起こります)

そのため、利益率が安定しやすく好きな価格で販売できるため、利益率をアップさせることが出来るのです。

物販で売上を伸ばしていくデメリット

そして、逆にデメリットしては、

  • 資金が数百万円単位で必要になる
  • 人材確保やスタッフの教育などが必要になる
  • アカウント停止になり収益がゼロになることがある
  • 安定して売れ続けるわけではない

このような4つのデメリットがあります。

ここからは、普段あまり聞かない事実なども踏まえてお伝えしていきます。

デメリット①:資金が数百万円単位で必要になる

売上を500万円以上へ売上を上げていく場合は、やはり手元の資金だけでは難しくなってきます。

また、OEMやオリジナル商品を作成する場合は、最低でも数十万円~数百万円は無くなってもいいぐらいの、覚悟が必要になってきます。

相乗りとは違い注文するロット数(注文数)も数百などと多くなりますし、Amazonの新規ページを作成する際にアクセスを集めるためにも、最初は価格を下げてマイナスで販売する必要が出てくるため、数百万円は資金がどうしても必要となってくるのです。

知り合いで200万円ほど資金を使っても、ヒット商品が生み出せずに仕入れ資金に手を付けても、結果が出なかったため仕入れ自体が出来なくなった人もいます。

また、そもそも借り入れが出来なければ、売上を上げること自体が難しくなってきます。

デメリット②:人材確保やスタッフの教育などが必要になる

そして、売上を上げることで作業がどうしても増えるため、外注スタッフなどを雇い管理していく問題も出てきます。

良いスタッフに出会えればいいですが、いつも定期的に音信不通になり新しい人を募集して、スタッフの育成に苦労している人も正直少なくありません。

知り合いでも常にスタッフが辞めたり連絡が急に取れなくなって、作業が進まずに人材募集ばかりしている人もいるほどです。

デメリット③:アカウント停止になり収益がゼロになることがある

また、Amazon、メルカリ、ヤフオク、楽天など全て他人の庭でビジネスをさせていただいている状態です。

あなたも経験されたかもしれませんがいつ規約が変わりアカウント停止になるかわかりません。

事実、Amazon・メルカリ・ヤフオク・Yahoo!ショッピングに楽天と、規約変更やルール変更などにより、アカウント停止やツールが使えなくなったりなどで、売上が恐ろしいほどに下がっている人も少なくありません。

アカウント停止になったセラー

知り合いでも、少し前に月商800万円、1000万円、1600万円のセラーさんが時期は違いますが、

アカウント停止になり「どうすればいい?」と、ワラにもすがる勢いで対策などの相談を受けることがありました。

ちなみに、皆さん、OEMもオリジナルもされています。それでもアカウント停止はリスクとして付いて回ります。

売上で800万円を超えていたセラーさんが、アカウント停止によりFBAから返送することで、1商品51円の返送手数料だけで合計26万円以上かかったと言われてました。

そして、実際に返送された商品の様子を拝見させてもらいましたが、160センチサイズのパンパースのダンボールが、部屋いっぱいにあり埋め尽くしていました。

ちなみにAmazonではアカウント停止になった場合は、90日間もの間売り上げの入金がストップします。

そのため、クレジットカードで仕入れをしていた知り合いは「入金はないのに数百万円の支払いが来てるからどうしよう…。」と、本気でなげいてました。

ちなみに少し話は変わりますが、これはせどりや欧米輸入系のビジネスも同じで知り合いは、「仕入れがしんどくなってきたからやめたいけど、売上を落としたらクレジットカードの、支払いが襲ってくるからやめることが出来ない。」といってました。

ちなみに、既に月商500~1000万円以上売り上げている方からも、「アカウントが停止になりました…。」といったご相談を頂きます。

お名前は残念ながら出せませんが、高額塾を運営している運営者さんからの相談を頂くこともしばしば。。。

中には「アカウント停止になって生活が出来ません」と、深刻な相談を頂くことも少なくありません。

これが他人の庭で売上を上げ続けることでのリスクの現状です。

デメリット④:安定して売れ続けるわけではない

そして、OEMやオリジナル商品に関してですが、これ本当に一般的には言われない内容なのです。

Amazonでオリジナル商品を販売している場合で、月収100万円稼げるようになった場合であっても、それが一生続くことはまずありません。

半年後には月収30~50万円へと落ちている事なんて結構多いものです。

実際1年前のAmazonベストセラーランキングと、最新のベストセラーランキングを見比べてみるとわかりますが、商品の8割以上が実は変わっているのです。

残りの1~2割に残ればいいですが、違う場合は確実に売上が下がっているというわけです。

※上記動画の中で実際に調べてみた実演動画を入れています。

普通は難しい・・・

もちろん、Amazonアカウントやメルカリアカウントなど、数十個持っているから全然平気だぜ!って場合や、資金が有り余っていてオリジナル商品なんてガンガン生み出せるぜ!って場合なら、全く問題ないと思います。

ただ、普通はそこまでの対策をするのが難しいですよね。

事実をとらえたうえで対策を行い実践していくちょっと、現実を見せてしまったため凹むかもしれませんが、あくまでも現実はそうなんだよということです。

でも、物販は月収30万円とか100万円までなら稼ぎやすいですし、ちゃんとしたやり方を学べばOEMやオリジナル商品など、利益を生み出せる商品を作成し続ければ利益はドンドン上がっていきます。

しかし、規約やルール変更によって、売上が下がることはありますし、アカウント停止になり収益が突然ゼロになるリスクはあります。

そのため、このような現実があるということは把握しておいてください。

2つ目の戦略について

では、次に私が推奨している、

  • ①:そのまま物販ビジネスで売上を伸ばす方法
  • ②:ローリスクなのに高利益のビジネスを同時に行う方法

2つ目の稼ぎ方についてですが、長くなってしまったため、こちらは次回お伝えさせていただきますのでお待ちください。