無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

Amazonで複数アカウントを作る際に家族や会社名義で作れる?

リサーチ01

Amazonアカウント家族会社名義作れる!?

この記事ではAmazonのアカウントを複数作成する際に、家族名義や会社(法人)名義でアカウントの作成が出来るのか?について解説をしていきます。

Amazonでアカウントが停止した…」これは数日前に私の知り合いのセリフなのですが、どうしてアカウントが停止したのか聞いたところ「Amazonアカウントを、複数作成してしまったことが原因」でした。

まず基本ルールとして、Amazonでは同一人物が、複数アカウントを作成するのはダメなんです。

ただし、こんな事をいうと必ず出てくる質問が「Amazonのアカウントを作成する際に、家族名義や会社名義で作るのは大丈夫なのか?」と、いうことです。

まず結論からいうと、家族や会社名義でAmazonアカウントは作成できます。

ただ、リスクが高い注意点があるため、この6つの項目があなたの個人情報や既にAmazonアカウントを作成した際に使用した情報とは違うものにするようにする必要があります。

  1. 名前
  2. メールアドレス
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. クレジットカード
  6. 銀行口座情報

ちなみにですが、ここをおろそかにしてしまうと既に作成したアカウントまで停止させられてしまうため注意が必要なのです。

そこで、Amazonアカウントを家族や会社名義で作成する際に、気をつけるべきポイントと対処法についてみていきましょう。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

Amazonのアカウントは家族名義と会社名義で作れるの!?

28484846865165999595

では、気になるアカウントを複数作成する際に、家族名義や会社名義でなら作れるのか?についてですが、冒頭でもお伝えしたようにAmazonアカウントは、家族名義や会社名義で複数アカウント作成することは可能です。

ただし、注意は必要です。

amazonでは1人1アカウントとなっているため、あなたご自身の名前とは違う、ご両親に兄弟などの家族名義や、法人名義であれば他人と認識されるため問題ありません。

ただし、冒頭でも解説したように、パソコンやネット回線が同じ場合は、同一人物とみなされてしまいます。

また、それだけではなく、家族名義であっても法人名義であっても、登録した住所が同じ場合も、同一人物とみなされてアカウント停止になってしまうのです。

そこで、Amazonで家族名義や会社名義で2つ目以降のアカウントを作成する場合は、

  1. 名前
  2. メールアドレス
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. クレジットカード
  6. 銀行口座情報

この6つの項目を分ける必要がありましたね。

それでは1つ1つ見ていきましょう。

 

名前・メールアドレス

まず、登録車の名前とメールアドレスについてです。

名前ですが「偽名でもいいでしょうか?」との相談をたまにいただきますが、偽名は絶対にやめてください。Amazonの規約にも偽名がバレた瞬間にアカウント停止となってしまうためです。

また、海外のAmazonではマイナンバーの登録なども行っているためいずれ導入されることを考えて保険をかけておきましょう。

メールアドレスはフリーのアドレスをすぐに作成出来るため問題ありませんが、既に使用したアドレスを間違って登録の際に利用してしまうと危険なので必ずそれぞれのアカウントごとに登録するメールアドレスを管理しておきましょう。

 

住所・電話番号

過去に作成したAmazonアカウントに登録したものとは違う住所を登録するようにしましょう。

もし、アカウント停止になったアカウントに登録をしている住所と、同じ住所で新規でアカウントを作成した場合は紐付けられて停止になる可能性が高いため注意してください。

ちなみにですが住所はバーチャルオフィスで登録することもできます。

また、電話番号も必ず違うものを登録しましょう。同じ番号だと紐付けられてしまうため注意してください。

電話番号ですが「050Plus」などのスマホアプリを使えば簡単に電話番号を作成できたりします。

しかし、メルカリではこの050番がすでに使えなくなっているためAmazonもその可能性は高いです。先々のことを考えて050番以外の番号で登録することをおすすめします。

 

クレジットカード

既に作成したアカウントに登録しているクレジットカードは使用できないため注意してください。

また、Amazonではクレジットカード請求先の住所もチェックしているためアカウント停止になったときに登録していた住所と同じ請求先のクレジットカードの場合は危険なので変更することをおすすめします。

ちなみにですがAmazonの場合はデビットカードやVプリカなどの方法でクレジットカードの代わりを簡単に作成することが出来ます。

 

銀行口座情報

名義が同じ銀行口座を登録することをおすすめします。

ちなみにですが、名義が同じでも銀行が違えば大丈夫という話もありますが、同じ名義なら違う銀行でもダメといった話も耳にしますので同じ名義での口座登録は止めたほうがいいです。

現在は過去に作成していたアカウントに登録していた口座でなければ問題ありませんが、いつルールが変わるかわからないのと、マイナンバーなどの問題でリスクが出てくる可能性があるため注意しましょう。

つまり、この6項目は必ず過去に作成した、Amazonアカウントに登録をした登録情報とは被らない様にしましょう。

 

同じパソコンやネット環境も危険?

上記の6項目とは別に、同一パソコンと同一のネット環境での接続はしないようにしましょう。

知り合いでもここを知らずに、家族名義でアカウントを別に分けたのにもかかわらず、同じWi-Fiにてログインをしてしまったため、Amazonからアカウント停止の連絡が届いたといってました。

このようになってしまうと1度使った、家族名義又は会社名義で作成したアカウントは、Amazonアカウントも作成できなくなります。

つまり、アカウント作成の手段が1つ減ってしまうのです。

兄弟が多い場合は借りるのも1つのですが、住所が被ってしまう可能性も大きくなります。

法人を別で作成するにしても費用や法人税などもリスクも増えるため、可能性を潰さない様にリスク管理を徹底してきましょう。

ちなみにですが、上記項目はAmazonのシステムによる自動確認とAmazonのアカウントスペシャリストによる目視での確認と2段階でチェックされているため、システムだけの対策をしても見破られてしまうのです。

 

Amazonのアカウント停止の原因と対処法とは?

695548649868198198

そもそも、アカウントを作成した場合に、Amazonはどこで同一人物だと判断をしているのか?

この部分を知ることがまずは非常に重要です。なぜならこの部分を知ることでアカウント停止のリスクが下がるためです。

そして、Amazonアカウント停止につながる、主な情報としてはこちらの3つです。

  1. 同じパソコンからのログインからの判断
  2. 同じIPアドレスからのログインからの判断
  3. 同じ個人情報からの判断

Amazonでアカウントの管理を行っている、アカウントスペシャリストは上記の3つの点を全て確認をしているといわれています。

大事なポイントなので1つ1つ見ていきましょう。

 

1.同じパソコンからのログインからの判断

同じパソコンからログインをすることでアカウントの紐付けが行われるリスクがあるため注意しましょう。

ちなみにどこで判断されるのかというと、

  • MACアドレス
  • クッキー(cookie)

と、この2つで判断されているといわれています。それでは1つ1つ見ていきましょう。

 

MACアドレス

このMACアドレスとはパソコンやスマホなどの、それぞれの機体に割り当てられた固有の識別番号の事です。人間でいうところのマイナンバーといった部分と同じだと思ってください。

MACアドレスはパソコン1つ1つに割り当てられているため、同じパソコンから複数のアカウントへとログインをしてしまうとアカウント停止させられるといわれています。

ただ、このMACアドレスはAmazonから特定するのは不可能という声もあるため、出来るなら意識して変更したほうがいいかなという程度になりました。

まぁ、アカウント停止になってもいいや!」と、軽く思える場合ならパソコンの変更はしなくていいと思いますが、不安な場合はパソコン事変更することをおすすめします。

 

クッキー(cookie)

2つ目の判断材料はクッキー(cookie)です。

この「クッキー(cookie)」とは、ネットを見ている際に使用する「Internet Explorer」「Firefox」「Google Chrome」「Safari」などのブラウザ上に蓄積された履歴情報のことです。

Amazonはこのクッキー(cookie)を見て同一人物か同一アカウントかをチェックしています。

そのため、同じパソコンの同じブラウザーでログインをするのもアウトなので、クッキー(cookie)の履歴を削除したり別のブラウザーに変更する必要があります。

また、クッキー(cookie)だけを削除してもFlash Cookie(フラッシュクッキー)もチェックされているため注意しましょう。

この「Flash Cookie(フラッシュクッキー)」とは、PDFなどで有名なAdobeが保存するデータのことです。これはパソコンから削除ができませんが削除方法はありますので安心してください。

クッキー(cookie)の削除方法は「クッキー(cookie) 削除方法」と検索して、Flash Cookie(フラッシュクッキー)は「flash cookie 削除」で検索をすればすぐに見つかりますので参考にされてみてください。

このように同じパソコンから、同じAmazonのアカウントへログインをすることで同一人物だとバレる危険性があるのです。

ここは、Amazonセラーも意外と知ら無い部分なので、知らず知らずに内に同じパソコンから複数のアカウントへとログインをしてしまって、Amazonのアカウントスペシャリストから、

「Amazonマーケットプレイスをご利用いただき、ありがとうございました。」

といった、切なくも恐ろしいメールが届くことにあります。

このようにならないためにも、必ず同一のパソコンから複数のアカウントへ、ログインは必ずしない様にしましょう。

ちなみに複数のAmazonアカウントを作成している場合、

  • Aのアカウント = Aのパソコン
  • Bのアカウント = Bのパソコン

と、しっかりと分けていれば問題ありません。

ただし、Aのアカウントにログインをしたアカウントで、Bのアカウントにログインをしたりその逆をするとアウトです。

さらに、パソコンだけではなくスマホやiPadなどでも、Aのアカウントにログインをしたことがある場合、Bのアカウントにも同一の機器でログインをすると、アカウントの紐つけを認知されてしまうためリスクが大きくなります。

その場ではアカウント自体が停止にならずとも、いつかAとBのアカウントのどちらかがアカウント停止になったら残ったほうも紐つけられてアカウント停止へとなることもあるのです。

 

パソコンはデスクトップクラウドを使えばいい?

パソコンを変更するのって正直大変ですよね。また、この下でも解説するIPアドレスなどの対策を考えても効率的な方法がデスクトップクラウドになります。

これはクラウド上にあるパソコンをレンタルするサービスのことです。

これであれば、MACアドレスもIPアドレスも異なるため、同じパソコンを使っても違うパソコンからログインすることができるのです。

ただし、過去にアカウント停止になった人が使っていたパソコンを割り当てられる可能性もあるため、ログイン作成した瞬間にアカウント停止なんてこともあります。

そのため、正直この方法は運がかかわってくると思ってください。

 

2.同じIPアドレスからのログインからの判断

これはインターネット回線に割り当てられた、識別番号のようなものです。

AmazonはこのIPアドレスの中のグローバルIPを見ています。

このグローバルIPとは自宅のネット回線やWi-Fiなどの、インターネットにつなぐ際のネット環境に割り当てられた識別番号のことです。

上記のMACアドレスはパソコンやスマートフォンなどの、本体機器に対しての識別番号でしたがこのグローバルIPは接続するネット環境の識別番号なのです。

そのため、同じネット回線から複数アカウントへと、ログインをしてしまうとアカウント停止になるということです。

つまり上記で説明したように、

  • Aのアカウント = Aのパソコン
  • Bのアカウント = Bのパソコン

と、Amazonのアカウントと使用するパソコンを分けていても、アカウントにログインをする際のネット環境が同じ回線であればアウトということです。

掘り下げてみていくとこのような感じです。

  • Aのアカウント = Aのパソコン(Aのネット回線)
  • Bのアカウント = Bのパソコン(Aのネット回線)

と、同じネット回線でつなげてしまうと、Amazonアカウントスペシャリストにアカウント停止の連絡を貰う可能性が高くなります。

そのため自宅のネット回線とは別に、Wi-Fiを契約したりスマホのデザリング機能を使用したりして、

  • Aのアカウント = Aのパソコン(Aのネット回線)
  • Bのアカウント = Bのパソコン(Bのネット回線)

と、ちゃんとAとBをそれぞれキッチリ分けることが重要なのです。

ただ、グローバルIPアドレスはどうやって調べたらいいのか?どっちがどっちなのかなどわからなくなるかもしれません。

この場合は、IPアドレスを確認するサイト等もありますので、気になる場合は調べられてみてください。

⇒ グローバルIPアドレス確認

ただ、IPアドレスの番号を把握すると、余計にややこしくなる可能性も高くなるためもっとシンプルに「Aのパソコンの場合はAのアカウントでAのネット回線を使う。」と、ノートでも記載して覚えておくのがわかりやすいです。

 

3.同じ個人情報からの判断

次の個人情報についてですが、これは既にAmazonにて作成しているアカウントと、同じ個人情報を持っている人がいた場合は同一人物とみなされてしまうということです。

Amazonではアカウントを作成する際に、

  1. 名前
  2. メールアドレス
  3. 住所
  4. 電話番号
  5. クレジットカード
  6. 銀行口座情報

と、上記の個人情報を登録します。

もし既にAというアカウントを作成している場合で、Bのアカウントを作ろうとしたときに、上記の6点の個人情報が被ってしまうと、Amazonアカウントが停止ということになるのです。

この部分が一緒にならないように、作成しなければアカウント停止になるため注意しましょう。

また、過去に作成したアカウントが生き残っている場合は、2つ目以降のアカウントを作成してもアカウント停止になりにくいですが上記で解説したように、何かの原因によって、複数作成したアカウントの1つがアカウント停止になった場合は個人情報の6点が被っていることで、Amazonで作成した全てのアカウントが停止になってしまいます。

知り合いでも複数のアカウントを作成していて、1つがアカウントが停止になったことで全てやられたことがありました。

こうなるとパソコンやIPアドレスを別にしたとしても、全て無意味ということになるため注意をしましょう。

(関連記事:Amazonアカウントが停止(閉鎖)した場合の復活方法

 

Amazonのアカウントで気になる疑問や注意点について

ここでは、Amazonのアカウントを作成する際に気になる疑問や注意点などについてまとめていきます。

  • Q:購入アカウントと販売アカウントどちらも作成しても大丈夫なの?
  • Q:家族名義で作成するのは危険なの?
  • Q:会社で運営している場合、部署ごとにアカウント作成できないの?

それでは1つ1つ見ていきましょう。

 

Q:購入アカウントと販売アカウントどちらも作成しても大丈夫なの?

はい、こちらは大丈夫です。Amazonで商品を購入する際のアカウントと、商品を出品する際のに作成するアカウントはそれぞれ1つずつなら作成しても問題ありません。

ただし、注意点としては「購入アカウント」と「販売アカウント」どちらともですが、2つずつ作成するとAmazonの規約に触れてしまうため注意しましょう。

具体的にはこのような感じです。

  • 購入アカウントと販売アカウント1つずつ作成 → OK
  • 購入アカウント2つ作成 → NG
  • 販売アカウント2つ作成 → NG
  • 購入アカウント1つ、販売アカウント2つ作成 → NG
  • 購入アカウント2つ、販売アカウント1つ作成 → NG

このように、1つずつしか同じ人物では作成できないため注意しましょう。

たまに、知らずにAmazonの購入アカウントを2つ作成してしまっている人を見かけますがこの場合はすぐにカスタマーサポートに電話などで問い合わせをして相談をしましょう。

 

Q:家族名義や会社名義で作成するのは危険なの?

Amazonに同一人物だとバレてしまうと危険です。

ただし、上記でお伝えしました6項目とそれにプラスした注意点に注意していれば、家族名義で作成するのが最も簡単で安全に作成することができます。

また、家族名義で作成をして同じネット環境からログインをする可能性が出てくるため、事前にAmazonのカスタマーサポートに連絡をして許可をもらっておきましょう。

事前に伝えることでカスタマーサポートが個別にチェックをしてOKを出してくれるためです。

 

Q:会社で運営している場合、部署ごとにアカウント作成できないの?

Amazonでは会社で運営しているアカウントには部署ごとに切り替えることができるようになっています。

ただし、勝手に作成するとアカウントの紐付けなどで停止になってしまうため、事前にAmazonのカスタマーサポートに連絡をして対応してもらいましょう。

 

Amazonアカウントは家族&会社名義で作れるのか?のまとめ

まとめますと、

  • 家族名義でAmazonのアカウントは作成できる
  • 会社名義でもAmazonアカウントは作成できる
  • 同じパソコンやネット環境で使用をするとアカウント停止のリスクがある

以上が、Amazonアカウントは家族&会社名義で作れるのか?についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す