無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

中国輸入転売で不良品を減らす4つの対策とは?

中国輸入転売で不良品を減らす4つの対策とは?

この記事では、中国輸入で不良品を減らすための対策について解説していきます。

先日ですが、中国輸入を始めたばかりの方から、このようなご質問を頂きました。

不良品ってどうしたら届かないように出来ますか?

確かに、せっかく仕入れた商品が不良品だったら、売ることができなったり赤字販売になるため、不良品が届かない方法があるなら知りたいところですよね。

これ結論からお伝えしますと、中国輸入転売で不良品を減らすには、この4つを意識することが大切です。

  • 検品を細かくしてくれる代行業者を利用する
  • タオバオやアリババの店舗評価をチェックする
  • Amazonなどのレビューをチェックする
  • 不良品が発生しやすい商品は仕入れるのをやめる

それでは詳しく見ていきましょう。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

中国輸入で不良品が届くのを防ぐ方法とは?

不良品率を下げるためには、以下のポイントを意識することが大切でしたね。

  • 検品を細かくしてくれる代行業者を利用する
  • タオバオやアリババの店舗評価をチェックする
  • Amazonなどのレビューをチェックする
  • 不良品が発生しやすい商品は仕入れるのをやめる

それでは1つ1つ見ていきましょう。

1.検品を細かくしてくれる代行業者を利用する

不良品率を下げるためには、検品をしっかりと対応してくれる代行業者さんを利用することです。

仕入れた商品が不良品だとわかっても、日本のあなたの自宅まで届いていると、返品などの対応が難しかったりします。

そのため、中国で1つ1つ検品をお願いするしかありません。

ですので、検品業務を行ってくれる代行業者を利用するのが、不良品率を下げるのに効果的なのです。

箱を開けて検品をしてくれるか?

代行業者さんの検品作業にも、下記のように様々なパターンがあります。

  • 箱や袋の上から見える部分だけチェックする検品
  • 箱を開けて商品が破損していないかを確認する検品

もちろん、1つずつ商品をチェックするため、手間がかかるので料金も少し高くなっています。

代行業者さんによっては、手数料が2~3%高くなるなどのケースが多いです。

ただし、不良品が届くのを大幅に防ぐことが出来ますので、不良品率が気になる場合は検討されてはいかがでしょうか。

ちなみにですが、検品作業を対応してくれる代行業者に関しましては、「中国輸入で使う代行業者のおすすめポイントや会社比較について」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

2.タオバオやアリババの店舗評価をチェックする

評価の低い店舗からは商品を買わないだけでも、不良品が届くのを防ぐことが出来ます。

タオバオでは、下記のようにお店のマークによって評価が変わっています。

(※ハート → ダイヤ → クラウン → 金のクラウンの順番で評価が高くなっています。)

例えばですが、下記の2つの店舗の場合でしたら、後者のB店舗の方がクラウン評価のためオススメだと判断ができます。

「A店舗:ダイヤ3つの評価」

「B店舗:クラウン3つの評価」

評価が低いお店からは買ってはダメなの?

いいえ、そんなことはありません。

むしろ、評価はあくまでも1つの目安でしかないため、絶対的な判断にするのは止めたほうが良いです。

しかし、評価がなければどうやって、良いお店か悪いお店かを判断すれば良いのか?迷ってしまいますよね。

ここで、オススメなのが「代行業者に聞く」ことです。

常にタオバオやアリババで仕入れをしている代行業者であれば、どの店舗が良いとか悪いとかの判断が我々よりもわかっています。

そのため、迷ったら代行業者へと相談をされるのがオススメです。

価格が低すぎるお店は注意したほうが良い?

同じ商品でも、他の店舗比べて価格が安すぎる場合は注意されてください。

タオバオやアリババは、日本の楽天市場と同じで、同じ商品を複数の店舗がそれぞれの販売ページを作成して出品しています。

そのため、下記のように店舗によって価格が異なるわけです。

  • A店舗:20元(340円)
  • B店舗:43元(731円)
  • C店舗:45元(765円)
  • D店舗:45元(765円)
  • E店舗:48元(816円)

(※1元=17円計算)

ただし、上記のA店舗のように、他の店舗(B~E)に比べて価格が安すぎる場合は、怪しいですよね。

絶対ではありませんが、やはり安いことで画像とは明らかに異なる商品だったり、アパレル商品の場合はホツレが酷いこともあります。

そのため、あまりに安すぎるお店からは買わないことも、1つの判断材料にされてみてください。

ちなみにですが、中国で仕入れをします、タオバオやアリババの違いに関しましては、「中国輸入で使う「タオバオ」と「アリババ」の違いとオススメ」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

3.Amazonなどのレビューをチェックする

事前にAmazonやメルカリのレビューをチェックすると、不良品率を下げることに繋がります。

例えば、下記のようにAmazonで商品を調べると、その商品を購入した方のリアルな評価を見ることが出来ます。

レビュー内容:「生地もぜんぜん違う…。付属のヒゲも違う…。」

レビュー内容:「柔らかいペラペラの生地で色が少し濃い青。帽子も小さめでペタンとした感じの物。」

上記の評価は簡単にまとめますと、2つともに「ペラペラの生地で、画像とは異なる商品が届いた。」とのことです。

このように、商品の品質がそもそも悪い可能性が考えられます。

他にも商品によっては、「色が違った」「ほつれが酷い」「すぐに壊れた」「ニオイがきつい」などのレビューも多く見ます。

もちろん、他の評価が高い場合は、仕入れる店舗によって品質が異なる可能性はあります。

ただ、レビューをチェックして仕入れるだけでも、不良品率を下げることが出来ますので意識されてみてください。

ちなみにですが、Amazonで偽物を見分けるポイントに関しましては、「Amazonで見かける安いブランド品は偽物なのか?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

4.不良品が発生しやすい商品は仕入れるのをやめる

壊れたりしやすい商品の仕入れは止めることで、不良品を仕入れるリスクを減らすことが出来ます。

不良品が発生しやすい商品はこちらになります。

  • ガラスや陶器商品
  • つぶれやすい箱に入っている商品
  • 精密機械の商品
  • アパレル商品
  • ゴム製の被り物やコスプレ商品

この手の商品は破損したり、ほつれやニオイがキツイ商品に当たる可能性があります。

そのため、ある程度作業に慣れて売上が上がるまでは、仕入れをしないほうがいいです。

また、どうしても仕入れを行いたい場合は、テスト仕入れを行い直接商品の品質などをチェックされてみてください。

届いた時点で明らかに販売できない商品もわかりますので、初回から大量に注文するのは危険です。

不良品は絶対に届く!?

残念ながら、不良品率が0%になることはありません。

一定確率で不良品というのは、どうしても発生してしまうものです。

ですので、不良品が割合として一部届くのを把握して、商品仕入れや利益計算を行うようにされるといいです。

ちなみにですが、中国輸入で利益を計算するやり方に関しましては、「中国輸入転売で重要な利益計算方法とは?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

不良品が届いたときはどうすればいいの?

不良品が届いてしまった場合は、下記のような対応を行いましょう。

  • 外袋のみの不良品:パッケージの入れ替えをして販売する
  • 商品自体の不良品:ヤフオクやメルカリでワケあり商品として販売する

それでは詳しく見ていきましょう。

1.外袋のみの不良品:パッケージの入れ替えをして販売する

商品は問題なく、外袋のみ破れていた場合は、同じ袋に入れ替えて販売すれば問題ありません。

また、届いた商品の袋がホコリまみれで汚い場合も、キレイなOPP袋などに入れ替えるとクレーム率を下げることが出来ます。

そのため、事前によく使われる外袋を多めに購入して用意しておきましょう。

ただし、箱の場合は入れ替えると問題がありますので、この場合は下記の訳あり商品として出品されるのが良いです。

2.商品自体の不良品:ヤフオクやメルカリでワケあり商品として販売する

商品に傷が入っていたり、外箱が潰れてしまっている場合は、ワケあり商品としてその部分の写真や理由を記載して、メルカリやヤフオクで販売をされてみてください。

特にヤフオクの場合なら、1円からの出品設定にしておくことで、赤字にはなりますが少しでもお金に変えることが出来ます。

ただし、最初から1円出品すると高値で売れる可能性の捨ててしまうため、徐々に価格を下げるのが理想です。

中国輸入転売で不良品を減らす4つの対策のまとめ

まとめますと、

  • 検品を細かくしてくれる代行業者を利用する
  • タオバオやアリババの店舗評価をチェックする
  • Amazonなどのレビューをチェックする
  • 不良品が発生しやすい商品は仕入れるのをやめる

以上が、中国輸入転売で不良品を減らす4つの対策についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

ただいま期間限定で、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中です。

突然ですが、このような経験はありませんか?

☑:毎月の支払いがキツイ…。
☑:やりたいことや欲しいものがあるのに我慢している…。
☑:将来が不安…。
☑:抱えている借金を何とかしたい…。
☑:今の職場を辞めたいけど貯金が無い…。

このようなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

コメントを残す