無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

中国輸入で独立起業するために重要な6つのポイントと3つの注意点

中国輸入転売で独立して起業する際の注意点とポイントとは?

この記事では、中国輸入転売で稼いで独立して起業をすると考えている場合に意識したい注意点と、独立を検討する際に意識するべきポイントについて解説していきます。

先日お問い合わせで「中国輸入で稼いで独立するためにはどのくらいの資金が必要とか、独立をする際に注意したほうがいい点などはありますか?」といった、ご相談を頂きました。

確かに、中国輸入転売にかかわらず取り組んでいるビジネスで本業以上に稼げるようになったら「今の職場をやめて自由な生活を手に入れてやるぜ!」なんて、希望に満ちた想像を膨らませたくなる気持ちはわかりますが注意点してください。

これ結論からお伝えしますと、中国輸入転売で独立する際には以下の注意点を意識するようにしましょう。

  • 生活費を意識する
  • 自由な時間が出来ることでの無駄遣いとやる気
  • 収益の安定性
  • 取り組む作業時間
  • 人と比べないようにする

それでは詳しく見ていきましょう。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

中国輸入転売で独立をする際の注意点とは?

チェック02

中国輸入転売で独立して起業を行う場合に注意するべき点がこちらの3つでしたね。

  • 生活費を意識する
  • 自由な時間が出来ることでの無駄遣いとやる気
  • 収益の安定性
  • 取り組む作業時間
  • 人と比べないようにする

それでは1つ1つ見ていきましょう。

生活費を意識する

中国輸入転売で独立起業する際の注意点ですが、今の職場をやめることで中国輸入の売上から生活費をねん出しなければいけなくなるという点です。

例えばですが、中国輸入ビジネスを始める場合は仕入れ資金として、20万~30万円ほどあればそこから雪だるま式に仕入れ資金を増やして、利益を10万→20万→30万円へと伸ばしていくことが出来ます。

しかし、これはあくまでも本業のお給料があるという大前提となっているため、今の職場をやめて独立した場合は売り上げを上げるための仕入れ資金とは別に支払いや生活費用がかかって来るわけです。

今まで本業の給料で支払いや生活費用を支払っていたのに、その分を中国輸入からの売り上げで確保しなければいけません。

例えば、生活費として毎月20万円かかっていたとしたら、この20万円を稼ぐために、

  • 利益率10%の場合:売上で200万円
  • 利益率20%の場合:売上で100万円
  • 利益率30%の場合:売上で約70万円

と、このような売り上げを、今までの売上とは別に上げなければ、今までと同じ生活水準やビジネス規模が保てなくなるわけです。

そのため、今まで売り上げが100万円で利益率が20%の場合は、独立起業したことによって売り上げをさらにプラス100万円した、毎月200万円を売り上げなければいけないというのがわかります。

さらに売上をアップさせるためには、そのための仕入れ資金が必要になりますよね。

しかし、独立をした後に「仕入れた商品が売れなかった…」などの何かしらの原因によって、売り上げが下がってしまった場合は、生活水準を下げるか仕入れ額を減らすしかなくなるわけです。

生活水準を下げるならまだいいのですが、仕入れ額を減らしてしまうと同じ売り上げをあげれなくなってしまうため、結果としてその翌月あたりからさらに生活水準や仕入れ額を減らさなければいけなくなったりするわけです。

さらに言えば、売り上げが月商100万円を超えている場合は課税業者になってしまうため、さらに消費税の納税義務が発生してしまいますので、その分利益を残そうとするためにさらに売り上げを上げなければいけなくなるわけです。

すると、さらに売り上げを上げるための資金が必要となり、利益額から仕入れ資金に回すお金がどんどん増えるようになっていきます。

このように、中国輸入転売にかかわらず物販ビジネスで独立をすることで起こる目に見えないリスクが出てくるため、独立起業をすることでこのように生活費が稼げなくなった時のためにも、ある程度の運転資金や生活費として貯蓄をしておくのがいいです。

また「どのくらい稼げば独立できますか?」といった質問を頂くことがありますが、生活水準という部分を意識するとわかりますが、これは人によって生活レベルが異なるのと今と同じレベル又は良いレベルで生活したいのか?などによっても変わってくるのです。

そのため、必ずあなたが望んでいる生活レベルを意識したうえで、いくら稼げば独立してもご飯が食べていけるのか?などもノートなどの書き出して、その金額を意識したうえで中国輸入転売に取り組んでいきましょう。

ただ勘違いしてほしくないのですが、別に独立するのが悪いわけではなく、本業が忙しいとはいえ生活費が稼げるメリットは大きいため、上手く本業を活用するべきという意味です。

自由な時間が出来ることでの無駄遣いとやる気

中国輸入転売で独立起業する際の注意点ですが、自由な時間が出来ることでの無駄遣いです。

収益を上げて独立することで、一番厄介なのが時間が自由が出来てしまうことです。

「え?自由な時間が出来るならいいじゃん!」と、思うかもしれませんが実は時間が自由になることで、この2つが酷くなるため注意が必要なのです。

  • 無駄遣い
  • やる気

詳しく見ていきましょう。

無駄遣い

独立することで今まで勤めていた職場への通勤や勤務時間が無くなるため、1日自由な時間が出来てしまいます。

すると、今まで時間的に我慢していた旅行や平日等の外出が増えてしまうわけです。

もちろん、独立することでメリットとして時間の自由があるのでこれはいいことなのですが、その反面として様々な誘惑が増えて今まで以上の出費が出てしまうことにもつながります。

例えば、今まで仕事があったためいけなかった旅行もそうですし、平日の昼前に見るガラガラの映画とか美味しいレストランでのランチなども全て、今までかからなかった生活費ですよね。

つまり時間が自由になることで、様々な誘惑が増えて無駄遣いが増えた結果として、生活水準が知らない間に上がってしまうということなのです。

そうすると、また売り上げをその分上げなければいけなくなるという悪循環に巻き込まれてしまうわけです。

ですので、そうならないためにも家計簿アプリなどでもいいので、毎月のキャッシュフローの流れを把握して無駄遣いはせずに来月・再来月のための売上活動を行っていきましょう。

やる気

次に独立することでのデメリットですが、これは自由な時間が出来ることでのやる気の減退についてです。

副業で中国輸入転売を取り組んでいる場合なら、1日に作業できる時間が数時間とどうしても決まってしまいますよね。そして、その少ない時間の中で作業をするからこそ集中して取り組むことが出来たわけです。

しかし、独立することによって1日丸々自由な時間が出来るため、いつでも「後でやろう!」ということが出来てしまうのです。

あなたも、YouTubeではよく聞いていた音楽を購入したとたんあまり聞かなかくなったとか、テレビでいつも見ていた映画のDVDやBDを購入してからはあまり見なくなったり、気になっていたけど購入してからは全く読まない本など、このような経験をしたことはありませんか?

人はこのように欲しいものを手に入れた瞬間から冷めたり興味を失ったりします。そのため、やらなければいけないのがわかってはいるんだけど、時間がたっぷりあることで「後でやればいいや!」という気持ちが生まれてしまうわけです。

それに「今まで1日3~5時間であれだけ稼げたんだから、同じぐらいすればすぐに稼げるでしょ!」といった、心に変な余裕が生まれるようになることもあります。

こうなると、作業に取り組むことが面倒になったりするため、数日作業をせずに気が付いた時には売り上げが大幅に下がってしまい生活が出来なくなるなんてことにもつながりかねません。

そうならないためにも、1日のスケジュールをしっかりと決めてやるべきことをやるという当たり前の行動を行うように意識されてみてください。

収益の安定性

中国輸入転売で独立起業する際の注意点ですが、独立する前に収益の安定を意識して取り組むことです。

独立することで毎月決まった金額が稼げなくなります。もちろん、中国輸入転売のようにやればそれ以上に稼げたり、ある程度同じぐらいの売り上げをキープすることは出来ます。

しかし、その反面アカウント停止などによって収益が0円になるリスクも同時に出てきてしまうわけです。

そのため、独立する前から中国輸入転売では販売先の拡大を行いながらも、もう一つ収益の柱を1つ作成するなどを取り組んでいきましょう。

こうすることで、Amazonアカウントやメルカリのアカウントが停止になったとしても、生活が出来る基盤を作ることが出来るようになります。

取り組む作業時間

中国輸入転売で独立起業する際の注意点ですが、取り組む時間をしっかり意識することです。

上記の「やる気」部分でも記載しましたが、独立することで1日自由に使えると「いつでもやれる!」と思ってしまい結局やらなかったり、副業時代よりも作業時間が減ってしまう場合だってあります。

これでは、せっかく独立したのにバイトや再就職する羽目になってしまいます。そうならないためにも、今の本業と同じで毎日出勤して作業するつもりで取り組むようにしましょう。

また、副業で取り組まれている方より「独立したら今の作業時間の3~4倍取れるため、売り上げもそれに比例して3~4倍に増えたりするのでしょうか?」と、質問をされることがあります。

これですが、毎日作業時間を同じように使える場合ならそれに比例して売り上げももちろん伸ばすことは可能です。

しかし、残念ながら現実的には自分自信を厳しく律することが出来る方は少ないため、副業時代と大して変わらない時間しか作業をしなかったりするわけです。

そのため、取り組む時間が増えるからと言って売り上げも増えると安易に考えないようにしましょう。むしろ稼いでいる方の大半は、副業時間でも時間を捻出して結果を出している方ばかりですので。

人と比べないようにする

中国輸入転売で独立起業する際の注意点ですが、あなたと他の人を比べて焦らないようにしましょう。

ビジネスを継続したり、売り上げを上げるために新しい知識を学んだり際に、様々なブログ・メルマガ・Facebook・YouTubeなどの媒体から新しい情報とセールスが行われたりします。

この時に、そのビジネスで結果を出している方の実績などを見ると「やべぇ…。短期間で俺よりも結果出してる…。」と、焦ってしまうことがありませんか?

もし、あなたが別の方の実績を見て焦ってしまう場合は、他の人とあなたは違うんだと割り切るようにしましょう。特に独立をしている状態で焦ってしまうと全てが空回りし始めるため危険なのです。

下手に焦って、空回りをして売り上げを下げるぐらいなら、他の人の実績は気にせずに今やるべきことにだけ集中したほうが100%いいので、焦りそうになったときは人と比べないようにしましょう。

あくまでもその手法での実績を見たときには「ちゃんと結果が出る手法なんだな!」と、このような視点で見ることで認識が大きく変わってきますよ。

中国輸入で独立する上で大切なポイントとは?

?

では、中国輸入で独立起業をするために、特に意識してほしい点が下記のポイントです。

  • 嫌なことを書きだす
  • 毎月安定した売り上げの確保
  • 毎日のノルマを決める
  • リスク分散をする
  • 会社を辞める日を決める
  • 辞めるタイミング
  • クレジットカードを作成しておく
  • 日本政策金融公庫などから融資を受ける

詳しく見ていきましょう。

嫌なことを書きだす

私が中国輸入ビジネスを始めたきっかけでもあるのですが「嫌な事を我慢しない人生を過ごす」これが基本ベースにあります。

  • 上司に理不尽な事で怒鳴られたり
  • めんどくさい同僚に気をつかったり
  • 欲しいものを我慢したり

毎日生活していると嫌な事を我慢していることが多々あります。そんなことを我慢する必要はないわけです。

もっと人生って楽しむものですしワクワクするべきものです。でも、だからといっていきなり1億円稼ぎたいとかって目標じゃ、イメージが遠すぎてワクワクできません。

そのため今リアルに体験している嫌な事を思い浮かべてノートの書いてみましょう。

そしてその嫌な事を我慢しない人生を想像してそれを掴むために稼ぐんだ!独立して起業するんだと意識することでモチベーションが継続しやすくなります。

また、独立した後もこの嫌なことを思い出して作業するのも効果的です。

毎月安定した売り上げの確保

起業をすることで1番不安になる部分としては、本業の給料のように毎月決まった金額が入らなくなることです。

もちろん頑張れば頑張るほどに収入は増えていきますが、逆を言えば頑張らなければそれだけもらえないということです。

それに今月100万円稼げても翌月から10万円だと意味がありません。つまり毎月安定した売上を上げる工夫が必要となるわけです。

そのために重要なのがこちらになります。

  • 安定して売れる商品の確保
  • 利益率の安定化
  • ジャンルを広げる

詳しく見ていきましょう。

利益率の安定化

いくら売り上げが上がっても利益率が低ければ意味がありません。

たまに売上ばかり意識している人がいますが、

  1. 売上100万円で利益率10%
  2. 売上50万円で利益率30%

この場合①番は利益は10万円なのに対して、②番の利益額は15万円と売り上げは少なくても手元に残るお金は多いのです。

また税金の事を考えると圧倒的に利益率が高いビジネスの方が有利なのです。

ジャンルを広げる

これは扱う商品のジャンルもそうですが、ビジネスのジャンルをしっかりと判断することが重要です。

特にジャンルで意識をするべき点としては、この2点を意識することが重要です。

  • 利益率
  • 安定して稼げる

とにかく稼げることなどを意識してしまい突然商品が売れなくなって、気が付いたときには首が回らなくなる人も見かけます。そうならないためにもしっかりとここは注意しましょう。

毎日のノルマを決める

独立をしたら朝何時に起きなければいけないなどのルールが無くなります。

そのため自由に甘えてしまってついダラダラした生活を送ってしまうのです。

当たり前ですがダラダラしていても稼げる仕組みを作っておかなければ、売上は上がってこないわけです。

そうならないためにも毎日やるべき作業のノルマを決めることが重要です。

例えば毎日3時間は作業をするなどのノルマを決めることで、ルールができ作業できるようになるわけです。

リスク分散をする

これは売上やアカウント停止など様々な意味合いでのリスク分散です。

売上は上記でもお伝えしたように安定して稼げる商品の確保や、利益率の安定化でリスク分散が出来ます。

あとはAmazonだけでの販売ではamazonアカウント停止になると、独立起業していた場合は生活が出来なくなります。

そうならないためにも、Amazon以外のメルカリ・ヤフオク・ヤフーショッピング・フリル・ラクマなどにも展開をしていき、アカウント停止リスクを下げていきましょう。

また、何かしらの理由によって突然お金が必要になり、仕入れ資金が無くなるリスクもどうしても出てきます。

その場合でも、安定して収益を確保するためのビジネスとしても、中国輸入転売以外のビジネスモデルにも同時にチャレンジしていきましょう。個人的に推奨しているのは、中国輸入転売と同時に情報発信に取り組む方法です。

会社を辞める日を決める

条件もすべてそろっていて本人も独立したいと言われる方に「では、具体的にいつごろ辞めると決めていますか?」と質問をすると、決めていなかったり来年以降でと曖昧な返答をされる方が多かったりします。

しかし、このように明確に決めていない場合は、1年後に質問をしても同じように来年と答えることが多かったりするわけです。

確かに不安な気持ちもわかりますし、この繰り返しだといつまでたっても独立できません。

そのためまず会社を辞める日を決めましょう。そしてそれに向けてとにかく頑張ることが大切になります。

もちろん、その決めた日にやめる必要はありません。ただ、目標と同じでゴールをまずは決めることによって、そこから逆算して今やるべきことまで細分化していくことが大切なのです。

辞めるタイミング

いつどんなタイミングで起業をして独立をするべきなのか?これもよくいただく質問の1つです。

ただ、そこまで意識をする必要はありません。もちろん資金が1万円上に売り上げが全く上がっていない場合で独立は危険です。

そのため1つの目安として生活が数か月出来るほどの貯金と、生活できる利益が中国輸入で毎月稼げているならば、あとはあなたの気持ち次第で独立起業をしても問題ありません。

ただ、生活費を利益で稼げて3ヶ月以上は安定させた方がいいです。よくあるのが12月の1年で1番売れる時期に稼げて独立起業をする方がいます。

でも、普通に考えてその月がピークなのです。つまり翌月以降はそれよりも下がるわけです。これって考えたらわかりますが、このような状況で独立ってめちゃくちゃ危険なのです。

そのため最低でも3ヶ月安定して生活費を稼げることを目安にすることで、不安もなく起業できます。

クレジットカードを作成しておく

中国輸入転売で独立をする際に意識したいポイントは、本業を辞めるまにクレジットカードを複数枚作成しておくことです。

クレジットカードの審査などは独立している方よりも、毎月安定して利益があるサラリーマンのほうが契約しやすいため、本業を辞める前には必ずクレジットカードを作成しておきましょう。

もちろん、クレジットカードを作成したからと言って使う必要はありませんが、万が一生活できなくなるとか、緊急でお金が必要になる場合などの緊急措置として持っておくことに越したことはありません。

クレジットカードの選び方に関しましては「脱サラ前にクレジットカードを申請?カードを選ぶ3つのポイント」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

日本政策金融公庫などから融資を受ける

中国輸入転売で独立をする際に意識したいポイントは、日本政策金融公庫や銀行から融資を出来れば受けると良いです。

あなたが中国輸入転売で独立する際の売上ですが、生活できるレベルを考えても最低年商1000万円以上は軽く稼いでいたりします。

しかし、より良い生活を行うためにも、仕入れ量を増やして売上を上げなければいけなくなったりしますし、アカウント停止などが起きた場合の対処法としても資金に余裕があることに越したことはありません。

ただ貯蓄があまり多くない場合は、仕入れ資金が無ければ売り上げを大きく伸ばすことも、アカウント停止によるリスクを防ぐことも難しくなります。

そこで、独立をする前に日本政策金融公庫や銀行に申請をして、融資の申し込みをするようにしておきましょう。

これも上記で解説しましたクレジットカードと同じで、必要なければ毎月その資金を返済すればいいだけなので、万が一の保険として融資申請を行っておくといいです。

中国輸入で独立起業する際のポイントのまとめ

まとめますと、

  • 独立後にかかる生活費分も踏まえて売り上げの計算を行う
  • 時間が自由になることでのデメリットも踏まえて行動する
  • 収益を安定させるための対策を意識する
  • 1日に作業をする時間を明確に決める
  • 焦るだけなので人と比べない用意対策をする
  • 良いことばかりではなく現状の嫌なことをモチベーションにする
  • 作業を継続するためにもノルマを決める
  • 独立するならやめる日を決めておく
  • クレジットカードを事前に作成しておく
  • 日本政策金融公庫や銀行へと融資の申請もしておく

以上が、中国輸入転売で独立して起業する際の注意点とポイントについてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す