無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

中国輸入でメーカー・卸・タオバオ仕入れならどこがオススメ?

中国輸入メーカー・タオバオ仕入れならどこがオススメ?

この記事では、中国輸入転売で仕入れをするなら、メーカー・卸・タオバオなどどこが良いのか?について解説していきます。

あなたは、中国輸入で仕入れをする際に、仕入先のお店について、こんなことを考えたことありませんか?

メーカー・卸・タオバオなど仕入れをするならどこがオススメなのかな?

中国輸入ではメーカーや卸などから仕入れる現地仕入れや、タオバオやアリババから仕入れるネット仕入れがあるため、どっちが良いのか?オススメなのか気になるところですよね。

これ結論からお伝えしますと、中国輸入での仕入れですが、下記のように「価格」と「経験値」で選択するのが良いです。

  • 安く仕入れをする:メーカー&卸(現地仕入れ)
  • 初心者さんが仕入れをする:タオバオ&アリババ(ネット仕入れ)

それでは詳しく見ていきましょう。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

中国輸入でオススメの仕入れ方法とは?

メーカー・卸・タオバオなど、仕入れをする際に意識したいのがこちらでしたね。

  • 安く仕入れをする:メーカー&卸(現地仕入れ)
  • 初心者さんが仕入れをする:タオバオ&アリババ(ネット仕入れ)

それでは1つ1つ見ていきましょう。

1.安く仕入れをする:メーカー&卸(現地仕入れ)

安く商品を仕入れたい場合は、メーカーや卸から直接仕入れる方法になります。

やり方としましては、中国へと直接行き、卸問屋などで商品を見つける方法になります。

イメージとしては、現地まで洋服や食べ物などを仕入れに行く、バイヤーさん的なやり方です。

このように、中国へ直接仕入れに行くのが、最も安く仕入れを行うことが出来るのです。

メーカー・卸から仕入れるのが安い理由とは?

なぜ、メーカーや卸から仕入れるほうが安いのかというと、余計な手数料がかからないためです。

物流の流れは「メーカー → 卸 → 小売業者 → 消費者」となっています。

そして、左から右へと行く度に、各業者さんの利益として手数料が上乗せされていくわけです。

有名な話ですが、コカコーラ(500ml)を1本を作る原価は約2~3円ほどで、ペットボトル代などを入れても約15円と言われています。

それが、最終的に150円でコンビニなどで売られているのは、お店に並ぶまでの運送費や業者さんの手数料がかかるためです。

つまり、途中でかかる業者の手数料をカットするだけで、通常よりも安く仕入れができるというわけなのです。

ただ、後述しますが、ある程度慣れてからでなければ、仕入れすら難しいのでネット仕入れで稼いでから、現地仕入れを行うのが良いです。

中国のどこに仕入れに行けばいいの?

現地仕入れをするなら、中国のこちらの地域が有名です。

  • 義鳥(イーウー)
  • 広州(コウシュウ)
  • 深セン(シンセン)

ただ、最初は知識がなければ仕入れることも難しいです。

そのため、仕入れツアーや現地の仕入れを代行してくれるパートナーなどへ依頼をして、アテンドをしてもらうのが良いです。

ちなみにですが、現地仕入れをする注意点やメリットに関しましては、「中国輸入転売で現地仕入れはしたほうがいいの?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

現地仕入れのメリット・デメリット

メリット
  • 仕入れ価格が安い
  • 利益率がアップする
  • 現地でしか買えない商品がある
  • ライバルと商品がかぶりにくくなる
デメリット
  • 経験がないと仕入れができない
  • 現地で買うものを決めようとすると仕入れに失敗しやすい
  • 中国に行くまでの旅費と時間がかかる

2.初心者さんが仕入れをする:タオバオ&アリババ(ネット仕入れ)

中国輸入転売でまだ稼げていないなら、タオバオやアリババからのネット仕入れが良いです。

最初から、仕入れツアーに行く人が居ますが、個人的にはあまりオススメしません。

もちろん、仕入れ費用もあり最初から工場とのつながりを持って、OEM商品の販売まで視野に入れているなら問題ありません。

しかし、まだ中国輸入で月商100万円すら超えていない状態で、なんとなく現地仕入れに興味がある状態で、旅費と時間だけかかってしまうのでもったいないです。

それよりも、タオバオやアリババを使って、利益で10万円でも良いので稼ぐことが大切だったりします。

ですので、メーカーや卸などの現地仕入れは、最低でも月商100万円を超えて考えてみてはいかがでしょうか。

タオバオとアリババはどっちを使えばいいの?

タオバオとアリババは両方とも使って仕入れをしましょう。

どちらのサイトも、アリババグループが運営しているECサイトとなっています。

大きく違うのは、アリババの方が最低注文数が決まっている反面、タオバオより少し安いといったメリットがあることです。

そのため、タオバオとアリババは下記のように使い分けましょう。

  • 最低注文数が希望の個数以上:タオバオ
  • 最低注文数が希望の個数以下:アリババ

このように、2つのサイトを上手く使い分ければ、利益も取りつつ仕入れ数を増やすことが出来ます。

ちなみにですが、タオバオとアリババの違いに関しましては、「中国輸入で使う「タオバオ」と「アリババ」の違いとオススメ」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

ネット仕入れのメリット・デメリット

メリット
  • 24時間好きなときに仕入れができる
  • 中国までの旅費がかからない
  • 仕入れをするのに手間がかからない
デメリット
  • 同業者と商品がかぶりやすい
  • 現地仕入れに比べて利益率が低くなりやすい
  • 価格競争に巻き込まれやすい

中国輸入でメーカー・卸・タオバオ仕入れならどこがオススメ?のまとめ

まとめますと、

  • 安く仕入れをする:メーカー&卸(現地仕入れ)
  • 初心者さんが仕入れをする:タオバオ&アリババ(ネット仕入れ)

以上が、中国輸入でメーカー・卸・タオバオ仕入れならどこがオススメ?についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

ただいま期間限定で、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中です。

突然ですが、このような経験はありませんか?

☑:毎月の支払いがキツイ…。
☑:やりたいことや欲しいものがあるのに我慢している…。
☑:将来が不安…。
☑:抱えている借金を何とかしたい…。
☑:今の職場を辞めたいけど貯金が無い…。

このようなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

コメントを残す