無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

脱サラで貯金はいくら必要?効率的に貯蓄する方法とは

お金23

脱サラに必要な額と貯蓄をする方法

私の知り合いの話ですが脱サラをするために、
国金(日本政策金融公庫)や銀行に融資をお願いする予定のY君がいます。

彼は貯金が30万円ほどしかないのですがカフェを開業させたいため、
資金を生活費含めて借りる予定だと言ってるんですね。

この現状を見てどう思いますか?

ちなみにカフェの内容から聞いても、
開業資金は最低でも1000万円はかかるようでした。

その地域によっては国金よりも銀行の方が借りやすいなどありますが、
1000万円も借りれなかったらその計画は水の泡となってしまいます。

そうならないためにもどうすれば効率的に貯金が出来るのか?
また、脱サラするなら具体的にいくらほど貯蓄があればいいのか?
これについてお伝えしていきます。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

脱サラするなら貯金はいくら必要なのか?

お金24

開業資金や準備金とは別に最低でも半年~1年ほど生活できる資金は欲しいです。

例えば、生活費に20万円かかるならば、
120万円~240万円は開業資金や諸経費とは別に用意しておきましょう。

脱サラで失敗してまたサラリーマンに戻ってしまう人は、
開業資金や諸経費で貯金や資金を全て使ってしまっています。

人件費や広告費を事前に考えていなかったり、
毎月の売上で生活できる前提で考えてしまうと
何かしらの出費があったときに悲惨な結果となってしまうわけです。

銀行から資金は借りれるのか?

現在ローンなどで借り入れが無ければ、
計画がしっかりとしていれば借りることは可能です。

しかし、事業計画書をしっかりと作成して、
資金の使い道を事細かに作成することが必要です。

また、住んでいる地域によっては借りれる金額も変わってくるため
希望が500~1000万円なのに200~300万円ほどしか借りれないなど、
希望金額よりもグンと下がる可能性もあると視野に入れておきましょう。

具体的に知り合いのY君は300万円の融資を希望して、
30万円しか借りれなかったなどもあるほどです。

あくまでも一例ですがこの可能性もあるということは、
しっかりと頭の片隅にでも入れておきましょう。

お客さんが来る前提で計画を立てない

ちょっと話は脱線しますが重要な事なのでご覧ください。

脱サラで貯金を使い果たしてしまう人の特徴として、
お客さんがお店に来る前提で計画を立てている方が多いです。

カフェを開業したい知り合いは席数が13席ほどのお店を予定していて、
1日に10万円ぐらい売り上げが上がればいいかな…なんて言ってました。

でもしっかりと数字に落とし込むと、
1人あたりのお客さんが支払う客単価が1000円だとした場合
売上目標へ持っていくためには

10万円÷1000円=100人」となります。

つまり1日10万円売上げるためには、
100人来店しなければいけないわけです。

それにお店の席数は13席しかありません、
「100人÷13席=7.6回転」となります。

1日で満席が7回~8回回転しなければ目標にいかないのです。

ぶっちゃけここまで数字に落とし込むとわかりますが、
知らないカフェに100人も来ると思いますか?

普通に考えれば来ません。
もちろん立地にもよりますが立地がよければ家賃も高くなりますし、
オープン日ならまだわかりますがオープン以外で考えなければいけません。

ということは・・・。
この計画は残念な結果を迎えてしまうということですね。

このようにお客さんが勝手に来る前提で、
計画を立ててしまうと悲惨な結果になってしまうので注意しましょう。

脱サラで貯金を効率的に貯めるためには?

ではどうやったら脱サラするための貯蓄ができるのか?
ズバリいいますとビジネスを副業で行うことです。

まず普通に給料から貯金をするだけでは時間がかかり過ぎます。
毎月5万円を貯金に回せたとしても1年で60万円、
2年間頑張って貯金を続けたとしても120万円
です。

この120万円があれば半年は生活が出来る可能性がありますが、
お店を開業する資金まで全く足りません。

そのため収入を増やして貯金するしかありません。

脱サラを目指している友人に副業を進めたところ、
1ヶ月で10万円ほど稼いでいます。

今月は20~30万円には届きそうな勢いです。

ここで考えてほしいのですが、
本業から5万円と副業で10万円を貯金に回したら
1年で180万円、2年で360万円です。

副業の収入が毎月30万円となってきたら、
1年で420万円、2年で840万円
となります。

つまり今までの何倍ものスピードで効率的に貯金が出来るのです。

また、副業でしっかりと売り上げを上がっていれば、
国金(日本政策金融公庫)や銀行で融資が受けれる可能性が非常に高くなります。

つまり1年ほどで脱サラできてカフェを開業できるのです。

貯金の基本は収入より支出を減らすことです。
そのためには無駄遣いや節約をして支出を減らすことも重要ですが、
収入を増やすことも非常に重要なのです。

ですのでまずは副業に取り組み収入を増やしていきましょう。

(関連記事:脱サラで失敗しない職業とは?

サラリーマンで副業は厳しい?

副業をやりましょうというと、
副業をやることは難しいです・・・」という人がいます。

なぜ、難しいのかというと資金や時間が主な理由であとは会社の規約で…と言われます。

特に最近はマイナンバーで副業がバレるからなんて言う人が多いですが、
しっかりと対策さえすればマイナンバーで副業はバレません。

もちろんバイトなどの副業であればばれる可能性が非常に高いですが、
ビジネスを副業で実践する場合は会社にバレずにやることだってできるわけです。
こちらで解説しているのでご覧ください。

脱サラで効率的に貯金をする方法のまとめ

脱サラして開業する場合の貯金ですが、
開業資金や準備金とは別に最低でも、
半年~1年ほど生活できる資金は最低確保が必要でしたね。

まずオープンから3か月たったころから、
お店の売上で生活出来るだろうなんて甘い考えは捨てましょう。

人によっては脱サラ後ビジネスが安定するまでに、
5年以上かかるなんてこともざらにあるほどです。

そのため最低でも半年以上の生活費は確保することが重要です。

またその際に銀行からお金を借りれる前提で考えていると、
予想よりも少ない融資の場合に計画倒れしてしまいますので注意しましょう。

もし融資が借りれなくても問題ないように、
ビジネスを副業で行って脱サラするための資金を貯金することが重要でしたね。

毎月の収益を増やすことでより効率的に最短で、
貯金が出来るようになるのでしっかりと実践をしていきましょう。
ただし、副業で取り組むビジネスを間違えると、
稼ぐまでに時間ばかりかかってしまいます。

そうならないために17個以上の副業に取り組んできて、
最速で結果が出たおすすめのビジネス
をお伝えします。

ブログでは言えないその後の稼ぎ方も公開しますので、
興味がありましたら下記から登録をお願いします。

⇒ 17個以上の副業で最速で稼げたビジネスはこちら

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す