無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

Amazonで役に立つ価格調査ツール7選!

Amazonで役に立つ価格調査ツール7選!

この記事では、Amazonで役に立つ価格調査ツールについて解説していきます。

あなたは、Amazonへ出品する際に、

価格調査や比較がわかるツールって無いかな?

と、考えた経験はありませんか?

手作業で同じ商品を別のサイトから調べたり、Amazonの中でもライバルの価格をいちいち調べるのって面倒なので、ツールでサクッと調べたいですよね。

これ結論からお伝えしますと、Amazonで使える価格調査ツールはこちらの7つになります。

  • モノレート
  • Keepa
  • ショッピングリサーチャー
  • PRICE SERCH(プライスサーチ)
  • IQura(いくら)
  • 値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版
  • User Local(ユーザーローカル

それでは詳しく見ていきましょう。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

Amazonで使える価格調査ツール!

Amazonで使える価格調査ツールはこちらでしたね。

  • モノレート
  • Keepa
  • ショッピングリサーチャー
  • PRICE SERCH(プライスサーチ)
  • IQura(いくら)
  • 値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版
  • User Local(ユーザーローカル

それでは1つ1つ見ていきましょう。

1.モノレート

モノレートはAmazonへ出品する際に、必ず使うべき無料ツールとなっています。

このモノレートですが、使うことで、

  • 価格の変動調査
  • ライバル出品者の増加と価格の変動
  • どの価格の時にどのくらい商品が売れたのか

と、このような「価格の変動調査」「ライバル増加による価格への影響」「価格による商品の売れ行き」が判断出来るツールとなっているのです。

そのため、「この商品の価格は下がり傾向にあるのか?」や「適正価格で安定して売れているのか?」などもわかるのです。

価格が安定しているのに、毎月売れているのがわかれば、赤字販売を防ぐことが出来るため、使うべき価格調査ツールとなっているのです。

モノレートの使い方とは?

【STEP1】ASINコードをコピーする

Amazonでは商品ページの下に「B」から始まる、独自のASINコードがありますので、価格調査したい商品のASINコードをコピーします。

【STEP2】モノレートを開く

ASINコードをコピーしたら、モノレートのサイトを開きましょう。

→ モノレートはこちら

【STEP3】ASINコードを貼り付ける

モノレートの検索窓にコピーしたASINコードを貼り付けて検索します。

【STEP4】価格変動グラフをチェックする

そうすると下記のように調べたい商品情報が表示されます。

あとは、下へスクロールすると、価格の変動のグラフなどが出てきますので、このデータを見ながら価格調査を行うだけです。

ちなみにですが、モノレートの機能の見方に関しましては「モノレートの見方と使い方!新機能モノサーチ&ユーザーも徹底解説」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

2.Keepa

このKeepaは、Amazonの商品ページに直接、

  • 商品の価格変動データ
  • 商品の売れ行きデータ

といった、販売で必要なデータを表示させるグーグル拡張機能になります。

具体的にはこのような機能が表示されます。

  • Amazon:「Amazonが販売配送する商品の最安価格」
  • 新品:「新品の最安価格」
  • 中古:中古品の最安価格「売れ筋ランキング:「Amazonの売れ筋ランキング」
  • 参考価格:「定価もしくは参考価格」
  • コレクターアイテム:「コレクター商品の最安価格」
  • New 3rd Party:「自己発送の送料込みの最安価格」
  • タイムセール:「タイムセール時の商品価格」
  • 倉庫:「Amazonアウトレットの商品価格」
  • Amazonによる配達:「FBA対応商品の最安価格」
  • Buy Box:「カート取得のした送料込み価格」
  • 中古品-ほぼ新品:「ほぼ新品商品の送料込み最安価格」
  • 中古品-非常に良い:「非常に良い商品の送料込み最安価格」
  • 中古品-良い:「良い商品の送料込み最安価格」
  • 中古品-可:「可の商品の送料込み最安価格」
  • クローズアップビュー:「初期設定では過去の最安価格となっている」
  • 期間:「1日、1週間、1ヶ月、3か月、全期間から選択可能」

このようなデータが、自動でAmazonの商品ページに表示されるようになるのです。

Keepaの使い方とは?

【STEP1】Keepaのサイトを開く

Keepaをダウンロードするためにサイトを開きます。

→ Keepaはこちら

※グーグルクロームの拡張機能のため、ブラウザーはグーグルクロームのみとなります。

【STEP2】Keepaをダウンロードする

まずは、下記の「Chromeに追加」をクリックします。

すると下記の画面が表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。

無事追加されますと、下記のようにブラウザーにアイコンが表示されます。

【STEP3】Amazonの商品ページを開く

価格調査をしたいAmazonの商品ページを開きましょう。

すると、下記のように自動で商品ページに、価格変動グラフが表示されるようになります。

3.ショッピングリサーチャー

このショッピングリサーチャーも、無料で利用できるグーグル拡張機能となっています。

ショッピングリサーチャーを使うことで、

  • 商品の価格変動グラフ
  • Amazonを含めた同一商品の最安値ショップ

と、このような価格調査機能を利用することが出来るのです。

また、同じ商品についてメルカリや楽天の商品ページを、たった1クリックだけで検索できるアイコンも用意されています。

そのため、作業効率をよく出来るツールとなっているのです。

ショッピングリサーチャーの使い方とは?

【STEP1】ショッピングリサーチャーのサイトを開く

ショッピングリサーチャーをダウンロードするためにサイトを開きます。

→ ショッピングリサーチャーはこちら

【STEP2】ショッピングリサーチャーをダウンロードする

まずは、下記の「Chromeに追加」をクリックします。

すると下記の画面が表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。

無事追加されますと、下記のようにブラウザーにアイコンが表示されます。

【STEP3】Amazonの商品ページを開く

価格を調べたいAmazonの商品ページを開きましょう。

すると、下記のように自動で商品ページに、価格変動グラフや最安値ショップが表示されるようになります。

「価格変動グラフ」

(※価格の変動は、モノレートやKeepaと同じで、Amazonの中での価格変動についてのグラフデーとなっています。)

「最安値ショップ」

(※最安値ショップは、Amazonを含めた楽天・ヤフーショッピングなどの各種ショッピングサイトで、最も安い同じ商品を表示する機能です。)

また、ショッピングリサーチャーは無料と有料がありますが、まずは無料から利用されるのをオススメします。

ちなみにですが、ショッピングリサーチャーのその他の機能に関しましては、「ショッピングリサーチャー有料版(LITE・PRO)は使うべき?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

4.PRICE SERCH(プライスサーチ)

このPRICE SERCHとは、複数(100サイト以上対応)のECサイトの価格を調査して更新してくれる有料ツールとなっています。

個人で転売をしている方向けではなく、既に複数サイトにてオリジナル商品を販売している方向けの価格調査ツールとなっています。

PRICE SERCHを使うことで、

  • 適正価格を把握
  • 適正価格に自動更新

と、このように価格の調整を常にして売上をアップに貢献してくれるのです。

つまり、Amazon・楽天・ヤフーショッピングなどのサイトをチェックして、適正価格の調査をしてくれて、売上の最大化が出来る価格に自動で更新してくれるツールとなっているのです。

また、Amazonだけではなく、複数のサイトの価格調整をしてくれる上に、1日1回の自動更新などをオプションで選択することで、売上に取りこぼしを減らすことも出来るのです。

ただ、ツール使用料が高いため、オリジナル商品を販売されて、ある程度の売上になってから使われてはいかがでしょうか。

→ PRICE SERCHはこちら

5.IQura(いくら)

このIQuraとは、ライバル店の価格調査をしてくれる有料ツールです。

具体的にIQuraを使うことで、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ビッダーズ

と、上記4サイトのライバル店の、「価格」「在庫」「消費税」「送料」なども同時に調査してくれるのです。

価格は月額4000円と安いですが、価格の自動更新はされませんので注意されてください。

また、無料のお試し版もIQuraでは用意されていますので、まずはお試しで利用されてはいかがでしょうか。

→ IQuraはこちら

6.値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版

この値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版は、ライバル店の価格を自動調査して、自社ショップの価格も一括変更出来るツールとなっています。

具体的な内容としましては、

  • 自動で他社の価格調査
  • ライバル店の「ポイントの有無」を調べる
  • ライバル店の「送料」「在庫情報」を調査
  • 自社商品の価格を一括変更
  • ライバル店の追加商品の調査

と、このようなメリットがあるのです。

イメージとしては、調査と価格更新を自動してくれるPRICE SERCHと、調査のみのIQuraの丁度中間のツールといったイメージになります。

また調査するサイトは、Amazon・楽天・ヤフーショッピングに対応しています。

費用に関しても、年間9800円と安価で使いやすく価格設定となっています。

→ 値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版はこちら

7.User Local(ユーザーローカル

このUser Localとは、商品のJANコード(バーコードの上限にある数字)を入力することで、価格調査が行えるツールとなっています。

具体的にUser Localを使うことで、

  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • 価格.com

と、この4サイトで、同じ商品がいくらで販売されているかの価格調査をすることが出来るのです。

また、価格以外にも「ポイントの有無」「送料」「在庫状況」と、さらに商品ページを見た人の「地域」「男女比」「年齢」「アクセス数」「滞在時間」「アクセスが多い曜日・時間帯」なども、同時に調査することが出来ます。

そのため、あなたが運営しています、ECサイトの販売ページの改善を効率的に行うことが出来るのです。

→ User Localはこちら

Amazonで役に立つ価格調査ツール7選のまとめ

まとめますと、

  • モノレート
  • Keepa
  • ショッピングリサーチャー
  • PRICE SERCH(プライスサーチ)
  • IQura(いくら)
  • 値付けの達人・値付けの達人ショッピングモール版
  • User Local(ユーザーローカル

以上が、Amazonで役に立つ価格調査ツール7選についてでした。

是非、意識してチャレンジしてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

ただいま期間限定で、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中です。

突然ですが、このような経験はありませんか?

☑:毎月の支払いがキツイ…。
☑:やりたいことや欲しいものがあるのに我慢している…。
☑:将来が不安…。
☑:抱えている借金を何とかしたい…。
☑:今の職場を辞めたいけど貯金が無い…。

このようなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

コメントを残す