無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

中国輸入転売で家電の仕入れは可能?4つの注意点とは

fotolia_85627717_subscription_monthly_m

中国輸入家電仕入れをする際の4つの注意点とは?

この記事では、中国輸入転売で家電製品を仕入れる際の注意点について解説をしていきます。

中国輸入を実践している方より、「中国から家電製品を仕入れたいと考えているのですが、注意するべきポイントなどあれば教えてもらえませんか?」といった、お問い合わせを頂きました。

確かに、仕入れたら家電が発火したとか様々なトラブルを耳にすることがありますし、アンペアなども異なるとどのような家電を仕入れたらいいのかと不安になりますよね。

これ結論からお伝えしますと、中国輸入転売で家電の仕入れる際には以下の4つに注意されてください。

  • コンセント付きの家電は仕入れをしない
  • 法律を意識する
  • 本物だと言えない商品は仕入れをしない
  • 空輸ができない商品を事前に調べておく

それでは詳しく見ていきましょう。

【お知らせ】メルカリやAmazonを使い毎月稼ぐ方法を無料公開中!

突然ですが、このような悩みを抱えていませんか?

  • 「今の給料にプラス20~30万円欲しいな…」
  • 「初心者だけど本当に稼げるのかな…?」
  • 「売れる商品を見つけるリサーチ方法が知りたいな…」

もし上記のような悩みを抱えている場合はその悩みを解決できる方法として、毎月安定して30万円以上稼ぐ方法を無料公開しています。

登録は無料のうえ、お好きな時に1クリックで解除することができますので、少しでも今の悩みを解決したい場合はこちらをクリックのうえご登録をください。

→ 毎月30万円を安定して稼ぐ方法はこちら

家電仕入れで注意すべきポイントとは?

中国輸入で家電を仕入れる際に、気を付けておくべきポイントはこちらの4つでしたね。

  • コンセント付きの家電は仕入れをしない
  • 法律を意識する
  • 本物だと言えない商品は仕入れをしない
  • 空輸ができない商品を事前に調べておく

それでは1つ1つ見ていきましょう。

1.コンセント付きの家電は仕入れをしない

中国輸入転売で家電製品仕入れをする際の注意点は、コンセント付きの家電は仕入れをしないことです。

コンセント付きの家電は電圧が日本は100Vで中国は220Vと異なるためそもそも使うこと自体が難しいなどが挙げられます。

それに、電圧変換器などで対応をしたとしても、PSEマークを取得しなければコンセント付きの家電製品は販売してはダメという法律が決まっているため、仕入れをしても販売すら出来ないのです。

ちなみにですが、知らなかったとはいえコンセント付きでPSEマークがないのに販売してしまった場合は、個人の場合100万円以下の罰金+自主回収の命令がくだされます。(法人の場合は1億円以下の罰金となっています。)

「それなら、PSEマークを取得すればいいんじゃないの?」と、思うかもしれませんがPSEマークを取得する試験費用だけでも30~50万円程かかるため、オリジナル商品で販売力がある状態でなければコストパフォーマンが悪すぎます。

そして、このPSEマークが必要な電化製品はコンセント付きの製品のみとなっていますので、下記のようにコンセント付きの有無で仕入れの判断をするようにしましょう。

  • コンセント付き = 仕入れはNG
  • コンセント無し = 仕入れてOK

商品画像だけで不安な場合は、仕入れを依頼する代行業者さんへと「この商品はコンセント付き?」と、質問をすれば大丈夫です。

ちなみにですが、こちらのコンセント付きの家電製品に関しましては「中国輸入でコンセント付き商品の仕入れは危険?PSEマークを解説」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

2.法律を意識する

中国輸入転売で家電製品仕入れをする際の注意点は、法律に触れないように注意することです。

もしかすると、「え?電化製品を仕入れるのに法律が関わってくるのってPSEマークだけじゃないの?」と、思うかもしれません。

実は上記でお伝えしました、PSEマーク以外にも、下記のような家電製品は法律に触れるリスクが有るため仕入れを控えたほうがいいです。

  • ミキサー&炊飯器:食品に触れる家電のため「食品衛生法」に引っかかる可能性がある。
  • ブルートゥースが使われている自撮り棒やスピーカーなど:ブルートゥース(Bluetooth)使用の場合は「電波法」に引っかかります。
  • ライター&レーザポインター・バイクや自転車のヘルメットなど:一般消費者の生命又は体に対する危害発生の防止を図るための「消費生活用製品安全法」に、触れる可能性があります。

このように、日本で買い物をする際には全く意識する必要がない、「食品衛生法」に「電波法」や「消費生活用製品安全法」などの法律に知らずに触れてしまうため仕入れは辞めておいたほうがいいです。

中には「電波法は大型の無線機じゃないと大丈夫!」と、言われて仕入れをされている人もいるようですが、正直グレーな部分には変わりませんのでリスクを少しでも減らすという意味で、扱わないほうがいいと思います。

ちなみにですが、他の仕入れる際に法律に触れる商品に関しましては「中国輸入ビジネスで仕入れが禁止されている商品とは?」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

3.本物だと言えない商品は仕入れをしない

中国輸入転売で家電製品仕入れをする際の注意点は、ブランド製品は仕入れをしないことです。

タオバオやアリババなど中国のショッピングサイトでは、偽物やコピー商品が普通に販売されています。

例えばタオバオで「SONY」と検索をしますと下記のようにSONYの家電製品が多く出て来るのです。

もちろん中に本物も多く存在しますが、隠れて偽物やコピー商品も販売されているわけです。

ちなみにですが、第三者に本物だと証拠として提示できるものが無い限りは高確率で偽物を購入しているケースがありますし、万が一偽物だったときには普通に犯罪となってしまうため注意しましょう。

そのため、中国輸入転売で仕入れをする際にはこちらのポイントを注意しましょう。

  • 扱うのはノーブランド商品のみと決める
  • 著作権や商標権に引っかかる商品は仕入れない
  • 商品や箱にブランド名やロゴがある商品は仕入れない

ちなみにですが、ブランド商品の仕入れに関しましては「中国輸入ブランド品は仕入れてもいい?偽物の見分け方とは」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

4.空輸ができない商品を事前に調べておく

中国輸入転売で家電製品仕入れをする際の注意点は、航空便で商品が送れないものを事前に把握しておくことです。

航空会社のルールによって若干商品は異なりますが、下記のように空輸では商品を輸入することが出来ないものが決められています。

  • リチウムイオン電池(モバイルバッテリー)
  • 液体商品(プリンターのインクや一部液体が使われている商品)
  • 水銀が使われている商品(蛍光灯ランプや乾電池など)
  • 化粧品(アルコール24%超)

今は代行業者さんが「これは止められますよ!」など教えてくれたりするため、そこまで意識しなくても問題ありませんが、航空便のみを使って仕入れを行う場合は、上記商品をリサーチから外しておくことが大切になります。

また、どうしても上記商品を仕入れて販売したい場合は、船便などを使いうまく使い分ける必要があります。

ちなみにですが、航空便と船便のメリットデメリットに関しましては「中国輸入で船便と航空便はどっちがお得?メリットとデメリット」こちらで詳しく解説していますので参考にされてください。

タオバオとアリババ以外の家電仕入れサイト一覧

68841894841846846

中国でタオバオやアリババ以外でも、家電製品を仕入れることが出来るサイトがあります。

  • 360buy.com(京東商城)
  • Suning & Gome(蘇寧電器 / 国美電器)
  • 51buy & Coo8(易迅 / 庫巴)
  • AliExpress(アリエクスプレス)

それぞれのサイトの特徴を見ていきましょう。

1.360buy.com(京東商城)

タオバオに続く大手中国のショッピングサイトです。

アパレル等も仕入れが出来ますが、電子機器や家電製品の取り扱いが多いです。

→ 360buy.com(京東商城)

2.Suning & Gome(蘇寧電器 / 国美電器)

こちらは中国で全国展開している、中国の家電量販店のショッピングサイトです。

イメージとしてはヨドバシカメラや、ビックカメラと同じ大型家電量販店になります。

→ Suning & Gome(蘇寧電器 / 国美電器)

3.51buy & Coo8(易迅 / 庫巴)

大手と提供している有名ショッピングサイトです。

家電製品も多く扱いをしていますが、更に便利グッズにも特化して販売を強化しています。

→ 51buy & Coo8(易迅 / 庫巴)

4.AliExpress(アリエクスプレス)

このアリエクスプレスは中国のサイトというよりも、海外在住のユーザー向けサイトとなっています。

最近アリエクスプレスは仕入れ先として、専用のノウハウ教材が出るほど流行っているほどに、仕入れも安価に抑えることが出来ますし商品も豊富です。

ちなみにこのアリエクスプレスは、中国のタオバオやアリババの親会社の、アリババグループが運営しているショッピングサイトなのです。

このアリエクスプレスを利用する場合は、利用価格が少し分トラブルが起こりにくいです。

そのため代行業者を通さずに直接仕入れをしたほうが、コストも安くできるためおすすめです。ただ、上記全てのサイトとタオバオ・アリババに言えますが、中国でブランド商品の取り扱いは危険です。

偽物をつかまされる可能性が非常に高いので、ブランド商品を購入するのは絶対にやめましょう。

→ AliExpress(アリエクスプレス)

中国輸入の家電仕入れのまとめ

まとめますと、

  • 家電製品は仕入れを注意するべき
  • コンセント付き家電の仕入れは危険
  • 法律&偽物はしっかりとチェックしましょう

中国輸入で家電製品を仕入れる際には、上記ポイントを押さえておけばまず安全です。

ただし!

ヤミクモにリサーチをするだけでは、一生かかっても稼げません。

効率的に稼ぐためのリサーチ力がなければ、仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張っても、「さっぱり稼げません…。」なんてことも普通にあります。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。

超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

→ たった1カ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す