無料プレゼント「お金の悩みから脱出する方法!」

儲かる商品リストプレゼント

メルカリでリピーターを簡単に作る5つのポイント

66988184981619849849

メルカリリピーターを簡単に作る5つのポイント

メルカリで商品を販売しているときに、
効率的に売上を上げる方法ないかな?

このような事を考えたことはありませんか?

効率的に稼ぐことは重要なので、
私も常に思考を巡らせています。

メルカリで売上を右肩上がりに上げる方法として、
扱う商品の点数を増やすなどがありますが

その中でもリピーターを増やす事は、
売上を上げる方法としてめちゃくちゃ効率がいい
です。

そこでリピーターを簡単に作るための、
戦略について解説をしてきます。

メルカリでリピーターを簡単に作る5つのポイント(動画編)

これからお伝えする内容を動画で撮影しましたので、
動画で詳しく知りたい場合は下記よりご覧ください。

動画でもご紹介しています。
給料とは別に30万円稼ぐ方法は下記をご覧ください。

⇒ ネット初心者が30万円最速で稼ぐ方法とやり方

リピーターを作るメリットとは?

虫眼鏡、リサーチ、むしめがね

そもそもリピーターについてですが、
商品を同じ人、お店から、
2回以上購入することをリピーター
といいます。

また、中国輸入転売で稼ぐための販路として、
Amazonやヤフオクなど様々な媒体がありますが

メルカリはAmazonとはまた違い、
リピーターの獲得を行うことがしやすいです。

これは購入者とのやり取りが行えることで、
お客との距離感が近いためです。

そして他の出品者よりも、
購入者へ好印象を与えることが出来れば

「また、この人から購入してもいいかな」と思ってもらえるのです。

このように思ってくれる方が増えれば、
リピーターだけで毎月安定的に稼ぐことすらできます。

実際にファンを増やすことは、
売上を効率的に上げてくれるのに非常に有効です。

これはメルカリ転売だけではなく、
音楽だって飲食店だって同じです。

ミュージシャンも一定のファンがいるからこそ、
CDを出してもライブツアーを行っても売れていけるのです。

私も昔はミュージシャンを目指していたのでわかりますが、
日の目を見ずに消えていく音楽家は履いて捨てるほどいます。

そして売れ続けているミュージシャンは、
必ず一定のリピーターが居るからこそ成り立っているわけです。

飲食店でも全く同じで、
有名店であればあるほどリピーターは多くなります。

さらにいえばユーチューバーなども同じですよね。

チャンネル登録者というリピーターを増やすことで、
再生数を伸ばすことが出来るようになるのと同じ
です。

つまり、リピーターを多く増やしていければ、
それだけ安定して稼ぐことが出来るようになる
のです。

メルカリでリピーターを作る5つのポイント

リピート01

では具体的にどのようにリピーターを作ればいいのか?
主な方法は下記の5つです。

  • 梱包を工夫する
  • 手紙を添える
  • おまけ商品を付ける
  • クーポン券を付ける
  • ショップ名を記載する

それでは1つ1つ見ていきましょう。

梱包を工夫する

商品によって異なりますが、
大小関係なくダンボールで商品を送る場合は

商品にプチプチなどをまいて、
下記のようなラッピングを行うことで、
見た目が良くなり得した感が生まれます。

0101010

このようなラッピング袋は
Amazonで検索すれば沢山出てくるので検索してみてください。

ただし、販売している商品価格によっては、
そこまでする必要はありませんので
利益との兼ね合いで検討されてみてください。

また本や小物などダンボールで送らない商品の場合は、
opp袋に必ずいれるようにしましょう。

opp袋に入れることで雨にぬれても、
商品までは濡れないようにするためです。

またビニール袋で代用する方がいますが、
見た目がopp袋の方が圧倒的にいいです。

opp袋はダイソーなどの100均でも売られていますが、
中国輸入転売されている場合は

タオバオやアリババで購入したほうが安いです。
タオバオで「opp袋」と検索すれば簡単に見つかります。

例えば下記の商品であれば、
少し大きめのサイズで100枚入りで10元です。

002020

日本円で約165円ほどなので、
1枚あたり1.7円程度になります。

これであればコストにもほとんど影響はありませんので、
opp袋をフル活用していきましょう。

また、商品によりますが、
値札が付いている場合は出来る限り取り外しましょう。

そしてどこから購入したものなのかなど、
お店のシールもキレイに剥がしておきましょう。

(関連記事:中国輸入商品の梱包や発送方法

手紙を添える

購入した商品に一言簡単でも、
手紙が添えられていたら嬉しいですよね。

このちょっとした手紙を入れることで、
「この出品者さんいい人かも」と
信用や信頼感が生まれやすくなります。

あとは商品の状態や発送がスピーディーであれば、
良い評価ももらえます。

おまけ商品を付ける

ウィッグをメルカリで購入して、
届いたらウィッグネットやクシなどが付いていたら
「この出品者は親切だな」って思ってもらえます。

このようにちょっとした、サプライズを演出することで、
購入者に得した感を感じてもらえるのです。

具体的なおまけの付け方や、
上記の手紙の書き方については

手紙やおまけ4つのメリット
こちらに記載しているのでご覧ください。

クーポン券を付ける

次回利用してくれた際には〇〇%OFFにするなど、
クーポン券を付属する方法です。

このようにクーポン券を付けることで、
あなたから購入するメリットを提示してあげます。

こうすることであなたから商品を購入する、
いいわけを作ってあげることが出来るので、
購入者としても利用しやすくなるのです。

また、クーポン券については、
一緒に添えた手紙に一言目立つように記載するといいです。

ショップ名を記載する

上記4つの方法を実践することで、
購入者をリピーターになってもらいやすくなります。

ただし、いくら良い出品者だと思っても、
またその出品者へアクセスできなければ、
商品を購入することが出来ません。

とはいえ、手紙にショップ名とは別に、
リンクのURLを記載するのはあまり効果がありません。

URLを手打ちで入力するのは面倒だからです。

そこでおすすめの方法としては、
商品説明文の下にショップ名を記載する方法です。

これであれば、いいねを付けた方にも、
他の商品を見てもらいやすくなるので
商品の売り上げの底上げを行うことが出来ます。

またショップ名のLINEアカウントを作成して、
QRコード等を手紙に添えておくのも効果的です。

(関連記事:メルカリでいいねが付いても売れない時の対処法

メルカリでリピーターを作る方法のまとめ

まとめますと、

  • リピーターを作ることで売上が安定する
  • 戦略としては4つの方法がある
  • 必ず購入してもらうためのリンク先を記載する

このポイントを意識して出品することで、
徐々にでもリピーターは確保できるようになります。

意識して実践されてみてください。

ちなみに…

稼ぐために最も大切な事はご存知ですか?
それは、売れる商品を見つける商品リサーチスキルです。

厳しいことをいえば、売れる商品を見つけるリサーチスキルがなければ稼げません。

ここを間違えてしまうと仕事帰りに毎日パソコンの前で3~5時間頑張って作業をしても、 「さっぱり稼げない…」なんてことも普通にあるので注意しましょう。

そこで初月から利益40万円稼いだリサーチ法を公開します。
超効率リサーチで無駄なく損せずに稼ぐ方法はこちらをご覧ください。

⇒ たった1ヶ月で利益40万円稼いだ超効率リサーチはこちら  

メルカリやAmazonを使い40万円稼いだ方法を公開

あなたは、このような悩み抱えていませんか?

☑ 今の給料だけだと将来が不安
☑ 本業が忙しいため自由な時間を作りたい
☑ 毎月の支払いで頭を抱えてしまう
☑ やりたくもない仕事を我慢してやりたくない
☑ 副業で毎月10万円以上を稼げるようになりたい
☑ 今の給料にプラス20~30万円ほしい
☑ 初心者でも稼げる方法を知りたい
☑ 収入が不安定なので安定して稼げるようになりたい
☑ 将来が不安…
☑ 稼いでやりたい夢や目標がある
☑ 家族と海外旅行に行きたい
☑ 儲かる商品が見つからない
☑ 商品が売れずに悩んでいる
☑ 効率のよいリサーチ方法や仕入れ方を知りたい
☑ 輸入ビジネスの障壁が高そうで出来るか不安
☑ 価格競争で利益が取れなくなる
☑ 初心者でも稼げるのか不安

上記の中で、1つでも当てはまるのであれば、初月から40万円稼げた方法を無料で公開中ですのでご覧ください。

いつも、毎月せまってくる支払いで悩んでいませんか?計算すればするほど、ため息ばかりついてしまう経験ありませんか?

そんなお金に悩む人生から抜け出すための方法を、無料でお伝えしています。

これまで17種類ものビジネスにチャレンジしてきて、初月から40万円稼げた唯一の方法とやり方を公開しています。

※必要がなければ好きな時に、いつでもワンクリックで解除も出来ます。

今なら12,800円相当のプレゼント付きですので、試しに1通でも読まれてみてください。

⇒ 初月から40万円稼げた方法とプレゼントはこちら

【無料プレゼント】給料とは別に30万円手に入れる方法!

儲かる商品リストプレゼント

 

 

 

コメントを残す