誰も教えてくれない破滅への道と回避するための重要な真実とは?

branch-1290017_1280

こんにちは、福永健一です。

あなたが今後安定的に稼ぐためには、

  • ①:物販でさらに稼ぐ方法
  • ②:ブログ・アフィリエイトでリスクを減らして稼ぐ方法

と、この2つの戦略があるとお伝えしてきました。

そして、それぞれのメリット・デメリットについても解説してきました。

まだ1本目と2本目の動画を、ご覧になっていない場合は下記よりご覧ください。

さて、今回の内容についてですが、なぜ上記2つの戦略を使い今後も稼ぎ続けるべきなのか?

誰も教えてくれないある「真実」について解説していきます。

はっきり言ってこの部分を知らなければ、今後、どのビジネスをしても破滅へ進むため必ず覚えておいてください。

誰も教えてくれない破滅への道と回避するための重要な真実とは?(動画版)

誰も教えてくれない破滅への道と回避するための重要な真実とは?(テキスト版)

これまでお伝えした内容としては、物販で利益5~30万円と稼げるようになったら、

  • ①:物販でさらに稼ぐ方法
  • ②:ブログ・メルマガアフィリエイトでリスクを減らして稼ぐ方法

と、この2つの戦略があると言いました。

そして、それぞれのメリット・デメリットについても解説してきました。

それぞれの詳細な内容については1本目の動画と、2本目の動画のリンクを貼っておきますのでこちらからご覧ください。

なぜ稼がなければいけないのか?

さて、本日の内容として大切なのは、今後も稼ぎ続けなければいけない理由があるということです。

その理由とは消費税(税金)問題です。

そもそも、

  • なぜOEMやオリジナル商品を販売するのか?
  • なぜリスクが少なく仕入れ資金が必要が無いビジネスをするのか?

これは単純に利益率アップする必要があるためです。

なぜ利益率を上げる必要があるのか?

なぜ、利益率をアップさせるのが目的なのかというと、

  • より稼ぎたいから
  • 支払いをしても手元に残るお金を増やしたいから

といった、目的があるためです。

より稼ぎたいというのは想像できると思いますが、この支払いをしてもという部分は仕入れ資金だけではなく、税理士費用や年末の確定申告の際の費用や法人税・そして消費税などです。

消費税について

2年前の売上が年間1000万円を超えると、消費税(8%)を支払う義務が出てきます。(※1000万円以下でも特定期間による判定で決まります。)

簡単に考えるとビジネスを始めて2年以上経過したら、消費税を払わなければいけなくなるとイメージしてみてください。(※ただし条件は人それぞれで変わってきます。)

消費税についてですが、現在お客はあなたから商品を購入した際に、普通のお店と同じで消費税の8%をあなたに払っています。そのためこの消費税を支払わなければいけなくなるのです。

最大でも4年まで?

あくまでも月収30万円以上稼いでいて課税業者になっている場合です。

このように課税業者(消費税を払う立場)になると通常は、株式会社などを作りさらに2年間課税業者から免れるための対策を取ります。

ただ、この方法が使えるのは最大4年までなので、どんなに遅くても4年後には消費税を必ず支払わなければいけなくなります。

消費税シュミレーション

経費などで消費税は多少調整することが出来るため、あくまでもイメージとしてとらえていただきたいのですが、今あなたが販売している「売上金額×消費税(8%)」が、かかってくると想像してみてください。

  • 年間の売上が1000万円ならば消費税で80万円 (半額でも40万円)
  • 年間の売上が2000万円ならば消費税で160万円(半額でも80万円)
  • 年間の売上が5000万円ならば消費税で400万円(半額でも200万円)

※あくまでも仕入れや経費などで変わってくるため、半額以下まで低くすることもできます、しかし必ず払わなければいけません。

年間1000万円は誰でも稼げてしまう金額

ちなみに年間1000万円は、月商で80万円なので誰でもサクッと稼げてしまうレベルです。

つまり他人事ではないのです。本当に大切な事なので覚えておいてください。

それに消費税は今まで手元に残っていた利益から支払うため、消費税の40万円、80万円、200万円(半額の場合)を、別でストックしておかなければいけないのです。

税務局での実例

知り合いの話になりますが、税務局に用事で出かけた時に、受付で大声を出してもめていた男性が居たそうです。

知り合いが話を聞いてる限りだと、ちなみにこの男性はAmazonやヤフオクを使い販売している、出品者さんだそうで、消費税のシステムを知らなかったため、突然、数百万円の支払いの通知が届いたそうなんです。

それに対して「こんなの聞いてない!」と怒鳴っていたそうですが、それでも分割にしてでも払わなければいけないわけです。

消費税による負のスパイラル

そして、その年の消費税を払うために売上を上げていくわけですが、同じように来年もその年に売上げた消費税が、また、かかってくるという現実を突きつけられます。

それに法人なり(株式会社などを設立して法人になること)をしたら、法人税を納めたりしなければいけないわけで、手元に残るお金が圧倒的に減ってしまうのです。

だからこそ、OEMやオリジナル商品の販売や、ブログ・メルマガアフィリエイトを行うことで、利益率アップを狙う必要があるのです。

月商1000万円せどらーの未来

知り合いに、せどりで月商1000万円以上稼ぐ人がいますが、その彼は利益率が13%前後とのことなので、課税業者にならないうちはまだいいです、

ですが、課税業者になった瞬間から同じ利益率でビジネスを行っていたら、はっきり言って資金繰りが悪くなりビジネス自体が出来なくなるのです。

とりあえず株式会社を作り対処しているようなのですが、利益率が悪くなっているようなので「どうしよう…」と不安を抱えていました。

しかし、物販は絶対にやるべきビジネスです

とはいえ、物販は初心者でも圧倒的に稼ぎやすいビジネスで、最初に行うべきビジネスモデルだと本気で思っています。

この事実を知っているからこそ物販ビジネスの中でも、利益率の平均が高い中国輸入を私は推奨しているのです。

そのため、今後どのように稼ぐのかを考えた時には、必ず利益率アップを目指した経営を行っていきましょう。

ただ、利益率を高めるならば

今後、あなたが行うべき戦略は以下の2つでしたね。

  • ①:物販でさらに稼ぐ方法
  • ②:ブログ・メルマガアフィリエイトでリスクを減らして稼ぐ方法

ただ、目的が利益率アップならば最高で99%以上と、ほぼ利益のブログ・メルマガアフィリエイトをするべきだと思いませんか?

だって、仕入れ費用が無いため全て利益になりますし、さらに言えば、アカウント停止のリスクも全くありません。

それに、物販の仕入れ費用に回すことだってできるのです。

さらにネットショップやリアル店舗の集客も学ぶことが出来るわけです。普通にメリットを強く感じますしやらない理由がありません。

全財産を失っても復活できる手法

あなたが何かの原因で全財産を失ってバイト生活を余儀なくされたとしても、ゼロから収益を生み出すことが出来るのです。

もちろんパソコンやネット環境にブログ運営費用など数千円はかかりますが、ただ、圧倒的に少ない資金で人生を何度も復活できるわけです。

実は私がブログ・メルマガアフィリエイトへ、同時にビジネス展開を行った理由がまさにここなのです。

突然のトラブル…

ちょうど、物販で売上を上げているときに自宅の近くで火事がありました。

その様子を見ながらふと思ったのが、家事を起こしたり巻き込まれたりした場合に、保険に入ってなかったり、降りなかったら人生終わるんじゃないのか?と…。

もちろんこれは火事だけではなく、職場でリストラにあうとかもそうです。

もっと身近でいえば、家の家電が壊れて買いなおす場合も同じです。

物販で売上を上げている時は現金が在庫に変わるため手元の資金がありません。このように特にお金が無いときに洗濯機や冷蔵庫が壊れた時って地獄ですよね。

購入しないといけないけどお金が無いという、今月買う予定なかったのにや今月ピンチなのにと思ったときに、さらに追い打ちをかける状況。

しかし、このような状況になったとしても、体が無事なら何度でも復活できるのが、ブログ・メルマガアフィリエイトなのです。

出てくる疑問について

ただ、ここで出てくる疑問としては、

  • 私でもできるのか?
  • 経験が無くても大丈夫なのか?
  • 文章が下手だけどそれでも稼げるのか?

ということです。

それにそもそも、どうやって稼げばいいのか?

ブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐためには

基本的にブログ・メルマガアフィリエイトで稼ぐためには、

  • ①集客
  • ②教育
  • ③セールス

と、この3つを組み合わせることが大切になってきます。

ただ、最初は何のことかわからないため、難しそうと考えてしまうかもしれません。

自動で稼げるようになる理由について

でも、安心してください。

ブログ・メルマガアフィリエイトを半年必死でやったのに、たった300円しか稼げなかったノーセンスな私ですら、

月収で124万円以上を自動で稼げるようになったのには理由があるからです。

では、どのようにして稼げばいいのか?

その具体的な手法について次回動画で解説をしていきますので、楽しみにお待ちください。